MENU
登録でキャッシュバック

Uber Eats(ウーバーイーツ)バッグの入手先や転用可否、注意点など

Uber Eats(ウーバーイーツ)などのフードデリバリーサービスが広く普及し、四角い大きなバッグを背負った配達パートナーの姿もすっかり見慣れてきたことと思います。

配達パートナーにとって、配達バッグは欠かせないアイテムですが、どのように入手するのか、どのようなバッグを配達バッグとして使用して良いのかなど、意外に分からないことが多かったりするようです。

今回は、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの必需品である配達バッグについて、さまざまな点から解説していきます。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達バッグの入手方法

配達バッグは配達パートナーのマストアイテムですが、意外と入手方法が分からないという方が多くいるようです。

https://twitter.com/JxUqrwHFiY1HGrU/status/1389157089696571396

現在と以前とで、入手方法が変わっていることも原因かもしれません。
ここでは、これまでとの変更点も含めて、配達バッグの入手方法について解説します。

入手方法

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグ、通称「ウバッグ」の入手方法は、Amazon(アマゾン)での購入が正規の方法となります。

K I
¥4,000 (2021/11/23 12:04時点 | Amazon調べ)

以前は、現在のような購入制ではなくデポジット制であり、バッグの取得に係る費用は配達報酬からの天引きでした。

2020年4月以前 ⇒ デポジット制

2020年4月以降 ⇒ 購入制

https://ubaitsu.com/delivery-partner/beginner/bag/

また、デポジット制のときは、配達パートナーを辞める際にバッグを返却すると、バッグの取得費用は返金されましたが、購入制になった現在では返金制度はなくなっていますので、留意しておきたいですね。

入手時の注意点

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグの正規品(ウバッグ)は、配達パートナーの増加もあり、非常に人気があります。
その結果、品切れになることも多く、定価よりも高額で転売する業者も増えています。

正規品は下の画像のとおり、販売元が「UET Japan」であり、価格は4,000円です。

Amazon(アマゾン)で検索すると、多くの配達バッグが出てきますので、注意しないと必要以上に高額な配達バッグを購入してしまう可能性があります。
ご購入の際は、販売元や、価格に注意しながら正規品を見つけてください。
※転売品でも、費用は高額になりますが、もちろん使用は可能です。

転売品に注意する!
正規品はAmazonで販売しており、販売元が「UET Japan」で、価格が4,000円!

なお、メルカリにUber Eats(ウーバーイーツ)の中古の配達バッグが出品されていることがありますが、ウバッグの出品はメルカリの規約に違反する可能性があるため、注意が必要です。

「メルカリガイド」における「禁止されている出品物」に、「犯罪や違法行為に使用される可能性があるもの」というカテゴリーがあり、ウバッグはこれに該当するようです。
少しピンと来ない方もいると思いますが、具体的には下記のとおり例示されています。

・配送会社や警察、その他身分を偽って悪用されるおそれのある制服類
・犯罪に使用されるおそれのあるピッキングツールや盗撮用小型カメラなど
・その他、犯罪や違法行為に使用される可能性があるとみなされるもの

https://www.mercari.com/jp/help_center/article/878/

この中の一番上の「その他身分を偽って悪用されるおそれのある制服類」に当たるようです。

しかし、出品されてもメルカリ側に削除されるケースが多いようですが、削除される前に出品されているのを見つけてしまうこともあると思います。
その場合も、「メルカリガイド」における「禁止されている行為」で、「禁止されている行為や出品物と知りながら取引すること」と明記されていますので、やはりウバッグは正規の方法で入手することをおすすめします。

メルカリでUber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグ (ウバッグ)の取引を行うことは、メルカリの規約違反になり得るので、注意が必要である。

配達バッグは正規品でないとダメ?

配達バッグとして使用可能なバッグの条件

Uber Eats(ウーバーイーツ)において、配達バッグに関する特別な規定はありません。

配達パートナーは、Uber Eats(ウーバーイーツ)に雇用されているのではなく、個人事業主という立場になりますので、各配達パートナーが使用するツールや、服装に関してUber Eats(ウーバーイーツ)側が細かに指示をすることはできないということでしょう。

とはいえ、Uber Eats(ウーバーイーツ)側が配達パートナーに何も示していないかというとそうではなく、一定のガイドラインを示しており、その中で配達バッグへの言及もなされています。

断熱素材の配達用バッグを使用すると、Uber Eats 利用者の満足度向上に役立ちます。ただし、法律で使用が義務付けられている地域で配達する場合を除き、必須ではありません。自転車による配達では、揺れや気象条件の影響から飲食物を保護することに特化した配達用バッグの使用効果が出やすい可能性があります。

配達中のパッケージを意図的に損傷させたり、開封したりしないでください。上述の行為は料理に異物が混入する原因になり、Uber Eats 利用者にとって重大な食品安全上のリスクを生じさせる可能性があります。

https://www.uber.com/jp/ja/safety/uber-community-guidelines/food-safety/

指示や強制ができないため、「こうした方がいいですよ」というニュアンスになっていますね。

その内容からは、「断熱(保温保冷)機能や、衝撃や気候から飲食物を保護できる強度を持ち、清潔さを保てるバッグ」が適切であると読み取れます。それが何を指すかというと、結局のところ、Uber Eats(ウーバーイーツ)の正規の配達バッグであるウバッグということになると考えられます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)において、配達バッグに関する特別な規定はないが、断熱(保温保冷)機能等のあるウバッグがオススメ◎

K I
¥4,000 (2021/11/23 12:04時点 | Amazon調べ)

正規品以外を使用する際の注意点

飲食店や注文者からの心象

先述のとおり、Uber Eats(ウーバーイーツ)において、配達バッグに関する特別な規定はありませんので、どんなバッグで配達を行っても、理屈上Uber Eats(ウーバーイーツ)側から問題視されることはありません。

しかしながら、実際に料理を作る飲食店や、注文者から問題視される可能性があります。

飲食店や注文者としては、より良い状態で料理が配達されることを期待するのは当然ですが、それの実現可能な配達バッグは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の正規の配達バッグであるウバッグだと考える飲食店や注文者も多いようです。

適切な機能を持たない配達バッグであるケースだけでなく、断熱(保温保冷)機能のあるバッグで配達を行ったケースでも、ウバッグでないことを理由に低評価(BAD)を付けられることがあるようなので、注意したいところです。

https://twitter.com/keikei_metal/status/1412355055697629189

ウバッグでないと、飲食店や注文者からの心象が良くなく、低評価(BAD)を付けられるケースがある。

サイズ

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグ(ウバッグ)は、基本のサイズもかなり大型ですが、下部が拡張する機能も備えています。

ピザや寿司など、横に大きな料理を配達する場合に役立つ機能であり、配達パートナーとしては備えておきたい機能でしょう。

大容量の注文に対応できないようなことがあると困ってしまいますので、ウバッグではないバッグを使用するとしても、ウバッグ並みの容量のバッグは用意しておきたいところですね。

大きな料理を配達できるように、配達バッグのサイズには気を付ける。

他のサービスの配達バッグの使用可否

先述のとおり、Uber Eats(ウーバーイーツ)において、配達バッグに関する特別な規定はありませんので、他のフードデリバリーサービスの配達バッグを使用しても問題ありません。
ただし、飲食店や注文者の心象が良くないケースがあるようなので、その点は理解した上で使用された方が良さそうです。

では逆に、ウバッグを他のフードデリバリーサービスで使用しても問題ないのでしょうか。

主なフードデリバリーサービスである、出前館や、menu(メニュー)、Wolt(ウォルト)、foodpanda(フードパンダ)については、ウバッグのような他のフードデリバリーサービスのバッグを使用しても問題ないようです。

ただし、出前館については、他のフードデリバリーサービスのバッグを使用する場合、ロゴを見えない状態にする必要があるそうなので、注意してください。

出前館以外のサービスロゴがついている保冷バッグでも、ロゴが見えない状態にしていただければご利用いただけます。

https://www.demaecan-gig-jobs.com/

ロゴの隠し方については、ロゴ部分にテープを貼ったり、カバーをかけたりといった方法で対応されている方が多いようです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)では、他のフードデリバリーサービスの配達バッグを使用しても問題ない。
他のフードデリバリーサービスで、Uber Eatsの配達バッグ(ウバッグ)を使用しても問題ないが、出前館で使う時は、ロゴマークを隠す必要がある。

最新の配達バッグのサイズやデザインなど

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達バッグ(ウバッグ)は、2021年3月に登場した第5世代が最新のモデルです(2021年11月現在)。

第5世代とはいっても形は第4世代(下画像)と同じで、第5世代は全身緑色のデザインになっています。

また、ウバッグは、かなりサイズが大きい印象があると思いますが、女性には大きすぎるという声もあるようです。

実際のサイズは下記のとおりです。

製品サイズ ‏ : ‎ 46 x 31 x 46 cm; 3.18 Kg

https://www.amazon.co.jp/er-ats-Isl-Devag/dp/B07XDXNV2J/ref=asc_df_B07XDXNV2J/?tag=jpgo-22&linkCode=df0&hvadid=342405966846&hvpos=&hvnetw=g&hvrand=2041544691066057196&hvpone=&hvptwo=&hvqmt=&hvdev=c&hvdvcmdl=&hvlocint=&hvlocphy=1009304&hvtargid=pla-863486183164&psc=1

縦横が46cmの正方形になっています。
確かに何も積んでいない状態で3.18kgという重量は少し重めな印象です。

しかし、バッグとはいってもリュック型ですし、女性の配達パートナーも増えていることに鑑みると、余程の重量の荷物でない限り配達困難になるということはないと考えられます。

ウバッグは、品切れになることもありますので、配達パートナーになることを決めた場合は、早めに購入されるのがオススメです。

K I
¥4,000 (2021/11/23 12:04時点 | Amazon調べ)

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

まとめ

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、配達バッグに関して細かく規定されていませんので、理屈上は自分に合ったものを自由に使うことが可能です。

しかしながら、料理を最適な状態で配達するためには、断熱(保温保冷)機能が備わっている必要があるなど、実際のところは選択肢が限られてくるようです。

また、その他に、飲食店や注文者の心象への影響も踏まえると、Uber Eats(ウーバーイーツ)の正規の配達バッグであるウバッグを使用するのが、より適当であると思われます。

個人事業主として自分の判断で仕事をできるのが配達パートナーのメリットではありますが、最低限のルールや、マナーには気を付けて活動しましょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる