MENU
登録でキャッシュバック

【Uber Eats(ウーバーイーツ )】夏の服装に困ったらこれをチェック!便利アイテム5選

夏の配達って悩むことが多くありますよね。

この記事は夏の配達パートナーさん達の悩みを聞き、この暑い夏を乗り切って貰えたらいいなという思いで書いてみました。

ぜひ参考にしてみてください。

読者の悩み

  • Uber Eats の配達パートナーに服装のルールはあるの?
  • 夏に配達する際の服装は?
  • 暑さはどうにか出来ないの?

こんな疑問に答えていきたいと思います。

記事の内容

  • 配達パートナーの服装ルール
  • 夏の配達時の服装
  • 夏を乗り切るための便利アイテム5選

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

目次

配達時の服装ルール

Uber Eats の配達パートナーに服装のルールはあるのか、、、ありません自由な服装が認められています

自由って言われると困りますよね。

そんな中でも絶対に気をつけるべきところは 清潔感 これです。

配達に来たクルーの方が汗でベタベタだったり、短パン タンクトップなどの服装をしていると低評価を押されることもあるみたいなので、そのパターンはできるだけ避けましょう。

飲食物を注文者に届けるサービスですので、匂いなどを気にされる方も多く清潔感というのはすごく重要なポイントになっています。

自由だからといって何も考えないと損をしてしまうので、最低限のルールを知っておくこといいでしょう。

好まれない服装

注文者に服装が気に入らないと低評価を押されるのを避けるために、あまり注文者に好まれない服装をご紹介します。

  • サンダル(特にビーチサンダルはNG)
  • タンクトップ
  • 短パン

この3つに要注意です。ビーチサンダルの配達パートナーが来たら少し大丈夫か?と不安になりますよね。

自転車やバイクでの配達になると思うので危険ですし、低評価を押されてしまう原因になってしまいます。

タンクトップや短パンなど、肌の露出が激しいものはあまり好まれにくい傾向にあります。

自転車やバイクなどで配達するため転んでしまったときに怪我をしてしまう可能性も高くなるので十分注意しましょう。

夏の配達時におすすめの服装

配達パートナーとして注意する点の次に、夏におすすめの服装をご紹介します。

  • ジャージなど動きやすい服装
  • ポケット付き
  • 撥水性の高い生地
  • 帽子(夏は必須)

ひとつずつメリット・デメリットなどを説明していきます。

ジャージなどの動きやすい服装

ジャージが良いのは言われるまでもないですよね。もちろん動くことが多い仕事ですので動きにくい服装というのはおすすめしません。

自転車で配達をするのにGパンは足が疲れるし、スカートは無防備過ぎます。

動きやすいというだけでなく、通気性も良く熱は逃げ、風は入ってくるので暑い夏にジャージは最適です。

おしゃれを捨て配達パートナーを行うのであれば、洗濯しやすい 涼しい 動きやすいこの3つ揃っているジャージでの活動をおすすめします。

ポケット付きの服

普通はポケットが付いているのが当たり前なんですが、ジャージになると付いていないものもよく見かけるのでチェックしてみてください。

わざわざポケット付きにする理由は、スマホを常にチェックしなければならないお仕事なので充電が減りモバイルバッテリーをよく使用すると思います。

また、現金払いで小銭などが出たときにその場でさっとしまえるポケットはとても便利です。

モバイルバッテリーや小銭などをしまうためにできればポケット付きの服というのをおすすめします。

撥水性の高い生地

夏の配達で気をつけるべき点として、梅雨の時期に困るという方がたくさんいらっしゃいます。

6月 7月は雨が多く配達中に突然雨が降ってくることがあります。

そんなとき傘を持っていれば服が水を吸収し重たくなったりはしないのですが、ゲリラ的な雨には対応できませんよね。

ですので撥水性の高い生地の服を着ておくと被害も最小に抑えることが出来ます。

帽子

夏場は必須でしょう。

日差しの強い中で配達をしていると、体調不良になりやすいので日光には当たらないよう対策しておきましょう。

帽子を被ると熱がこもって嫌だという方もいらっしゃると思いますが、ゴアテックスというブランドの帽子は熱を逃してくれるのでおすすめです。

夏に使える便利アイテム5選

夏の暑さは服装だけで解決できるものではないと思いますので、夏を乗り切るための便利アイテムを何個かご紹介します。

夏に使える便利アイテム5選

  • サングラス
  • 冷感スプレー
  • 汗ふきシート
  • アームカバー(日焼け対策)
  • 扇風機

サングラス

日差しが強く、眩しい中で配達をしていると目にあまり良くないです。

視力低下や疲れが溜まってしまうので、できるだけダメージを減らすためにもサングラスは着用するといいでしょう。

移動中、夏の太陽が車のミラーなどで反射して直接目に当たってしまい、事故につながってしまうケースも考えられるので安全面も考慮しておいて損はないですよ。

スポーツ用などもあり、邪魔にならないタイプなどもあるのでぜひご自分にあったサングラスを探してみてください。

冷感スプレー

定番アイテムですね。

最近では手軽に持ち運べるサイズのものが増えてきているのでぜひ使ってみてください。

直接肌に吹きかけるものや服の上から使用できるものもあるので、配達中に信号などで止まっている時間に使用するだけで涼しくなりますよ。バイクの方は安全に使用をお願いします。

持ち運ぶのが嫌だと言う方でも、家を出る前に服に吹きかけるだけでも全然ちがいますので一度お試し感覚で使用してみるといいですよ。

汗ふきシート

ギャッツビーやシーブリーズなど有名なものは匂いもたくさんあるのでご自分で好みの匂いを探してみてください。

夏の配達で汗が出るのを防ぐことはまず出来ないでしょう。1回きりかもしれませんが注文者には好印象を残したほうがいいでしょう。

配達後に用事があった場合でも自宅に帰らずそのまま食事に行けたりするので便利です。汗を拭くだけでなく、使用後に風に当たるとひんやりして気持ちいいですよね。

アームカバー

日焼けは体力も減るし、ヒリヒリしたり悪い事づくしですよね。

アームカバーや帽子などで絶対に日光をさけるようにしてください。

夏は虫も多く肌を出していると虫に刺されてしまったりするので、虫刺され防止にもなり便利です。

ハンディ扇風機

近年の夏を乗り切るための必須アイテムになってるハンディ扇風機です。

手で持つタイプを配達中に使うのは危険なのでやめてくださいね。

配達業務が終わり次の配達まで時間が空きますよね、そのスキマ時間に使用してみてください

最近のものは1回の充電で約10時間ほど使えますので、1日は問題なく使用できます。

首からかけるタイプなど様々な種類が増えてきているのでぜひチェックしてみてください。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

まとめ

  • 配達パートナーの服装ルール  特になし
  • 夏の配達時の服装       サンダル❌ タンクトップ❌ 半ズボン❌
  • 快適便利アイテム
    • サングラス
    • 冷感スプレー
    • 汗ふきシート
    • アームカバー
    • ハンディ扇風機

この記事では夏の配達時に関する記事を書いてみました。

ウーバーイーツの配達パートナーには、服装のルールが決まってないので逆に困ることもありますよね。

夏になると肌の露出などを気にする注文者の方もいて、低評価などにつながってしまうので気をつけるべき点をチェックしておきましょう。

暑さ対策を何もせずに配達業務をして、体調を崩される方も多くいるみたいですのでしっかりと対策をして体は大切にしてください。

少しでもこの記事が参考になったら幸いですので、辛い夏を頑張って乗り切りましょう!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる