Uber Eats(ウーバーイーツ) 配達パートナー登録方法 つまずく前に読みたい記事!『電話サポートなどの予約方法』

この記事では、『Uber Eats  配達パートナー』になりたいと考える、そんなあなたの

疑問や不安をすこしでも取り除き、応援させていただく事を目的としています。

初めてUber Eats 配達パートナーに登録する際、つまずきやすい三つの疑問

「Uber Eats の配達パートナーになりたいけど、登録方法がわからない……」

「電話サポートの予約をするまでに必要な手続き(条件)ってなに?」

「配達パートナーになるまでに事前に準備しておく物はあるの?」

などの声にお答えしていきます。

 

これからUber Eats 配達パートナーになって頑張るぞ!!と、意気込むあなたの背中を押せるよう

、精神誠意を込めて解説させていただきますので、最後までお付き合いよろしくお願いします!!

 

後半の『Uber Eats 配達パートナー電話サポート予約を利用する方へ【問題点と解決策】』も、

しっかり確認して頂き、確実に予約の完了を目指して頑張りましょう!

 

これから解説するUber Eats 配達パートナー電話サポートは、

新型コロナウイルスの影響により、一時営業休業中の【Uber Eats 配達パートナーセンター】で行う登録手続きを、電話で対応して頂くサービスです。

コロナの終息など、状況によりUber Eats の対応が変わる可能性があります

目次

Uber Eats 配達パートナーに登録するにあたって 手順や方法を簡単にご紹介

Uber Eats 配達パートナーとして稼働する前に、Uber Eats 配達パートナー電話サポートを受ける必要があります。

そのため、

「早く登録を済ませて配達パートナーとして働きたい!!」

と、はやる気持ちを押さへ、まずはUber Eats 配達パートナー電話サポートを受ける事を目標にしましょう。

 

Uber Eats 配達パートナー電話サポートを受ける前に、事前に行っておく手続きと条件がありますので、

これからご説明する内容を確認して頂ければと思います。

Uber Eats 配達パートナーとして稼働するには、Uber Eats 配達パートナー電話サポートを受ける事が必須

Uber Eats 配達パートナーWeb登録が必要「その方法」

Uber Eats 配達パートナー電話サポートを受けるためには、

事前にUber Eats 配達パートナーWeb登録をしておく必要があります。

登録はこちらから『Uber Eats 配達パートナーWeb登録』

インターネットで簡単にWeb登録ができる反面、その後に必要な『Uber Eats 配達パートナー電話サポート』については全くわからない方も多いため、要注意です。

忘れずに、しっかり電話サポートを受けましょう。

Uber Eats 配達パートナーWeb登録の主な内容 

こちらの登録では主に、依頼者の情報登録がメインとなります。

登録内容は、

○アドレスやプロフィール

○配達するための手段『配達車両』

○身分証明書(運転免許等)

○プロフィールに使う顔写真

などをこちらの段階で登録。

配達車両によっては必要な書類が変わりますので、この記事の見出し5

『Uber Eats  配達パートナーになるために用意しておく物』を参考にして頂ければと思います。

 

晴れて登録が完了すると、お待ちかねのUber Eats パートナーセンター電話サポートの予約が取れます。

電話サポートを受けられるのは、『初めて配達パートナーとして稼働する人』に限る

過去にフードデリバリーサービス(稼働経験)を行った方や、現在配達パートナーとして稼働している方は『電話サポート対象外』となりますので、

当てはまる方はUber Driver アプリの「ヘルプ」 から、質問などを問い合わせしましょう。

Uber Driver アプリについてはこちらの記事をどうぞ

配達パートナー電話サポートを受けるには、Uber Eats 配達パートナーWeb登録を済ませて置く

配達パートナーとして稼働実績がある方は、ご利用いただけません

Uber Eats  パートナーセンター電話サポート予約手順

こちらに記載してあるURLから予約ページに移動していただき、必要事項を入力します。

『Uber Eats パートナーセンター電話サポート予約ページ』

予約ページで入力する項目は6つあり

 

1電話サポートを受ける言語選択『日本語・英語から選択』

2Uber Eats 配達パートナーとして働く予定のエリア選択

3電話サポートを予約する日時を決める

4プロフィールを入力

5電話サポートを受ける種類の選択

6配達経験の有無の選択

が、あります。

電話サポートを受ける種類を選択について

1〜4までの必要事項を選択したのち、電話サポートの種類を選びます。

電話サポートの種類は、五つの項目があり

  • 配達パートナー登録
  • 書類に関する問い合わせ
  • お支払いの問題
  • アプリの問題
  • アカウントが停止されている

これらの中から、今回は

『配達パートナー登録』を選択

そのあとの『既に配達をしたことがありますか?』は「No」を選択

入力に間違いがないかを確認し、『complete appointment』のボタン押せば終了。

登録完了のメールを待ちましょう。

間違いが無いようしっかり確認しながら入力しましょう

Uber Eats 配達パートナー電話サポート予約を利用する方へ『問題点と解決策』

電話サポートを受ける際に、見落としがちな問題点は二つあります。

1 利用者にかかってくる電話は非通知

2 いかなる理由でも、不在着信の場合はキャンセル扱いとなる

この二つの改善策として下記の対策を必ず行なってください。

 かならず前もって非通知拒否設定を解除しておくこと。

過去に非通知設定をしていた事を忘れてしまい、そのままの状態である可能性があるため、今一度確認しておきましょう。

 

 予約時間には必ず電話に出られるよう車の運転をひかえ、電波が入らないor通話拒否の施設には入らないようスケジュール管理をしておきましょう。

予約時間にかかってくる電話に出られない場合、キャンセル扱いとなり、再び予約を取り直さなければいけません。

○しっかり対策を行い、確実に電話サポートを受けましょう

Uber Eats  配達パートナーになるために用意しておく物

ここまでご覧になられた読者様は、あらかた登録するまでの流れを把握して頂けたかと思います。

そこで、最後に配達パートナーとして働くために準備して置かなければいけない物をご紹介致しますので、

もう一踏ん張り、よろしくお願いします! 

必要なものは、選ぶ配達車両や国籍によっても変わりますので、自身が必要な物をしっかりと準備しておきましょう。

配達パートナーとして稼働するまでに必要な物

・配達バック(Amazonで多数販売中)

・身分証明書(免許書・パスポート・マイナンバーカード)

・運転免許書

・自賠責保険(配達パートナーとして登録した本人の物)

・車検証または軽自動車届出済証

・パスポート 在留カード

・銀行登録に使うキャッシュカード

・任意保険の証明書

自転車でフードデリバリーサービスを行う際は、身分証やキャッシュカード、配達バックなどで問題ありませんが、

原付バイク(125cc以下)などの車両を利用する場合は、上記の他に自賠責保険も必要となります。

 また、軽貨物車両(軽自動車や125cc超のバイク)を利用する方は、車検証や軽自動車届出済証、任意保険の加入が必要となります。前もって準備する必要がありますので、お忘れなく。

自賠責保険の加入方法はこちら

軽自動車届出済証についてはこちら

 任意保険に関しては様々な種類のサービスがありますので、ご自身に合った物を選んでください。

必要書類などは配達車両によって変わります

 まとめ

  • Uber Eats 配達パートナーになるには、まず配達パートナー電話サポートを受ける事が必須。
  • 電話サポートを受けるには、事前にUber Eats 配達パートナーWeb登録が必要となります。
  • 電話サポートを受ける際、非通知拒否や車の運転などで応答出来ないことが無いよう、しっかり対策しておきましょう。
  • フードデリバリーサービスで必要なバックやその他の書類関係などは、自身で用意する必要があります。
  • 125cc超のバイクや軽自動車(軽貨物車両)でフードデリバリーサービスを行うかたは、軽貨物車両登録が必要となりますので、お忘れの無いよう手続きを進めましょう。

最後に

いかがだったでしょうか??Uber Eats 配達パートナーとして稼働するにあたって

思っていた以上にやる事が多いと思う方も沢山いるかと思います。

前述した通り、今回ご紹介した『Uber Eats 配達パートナー電話サポート予約』は、コロナ禍の対策として始まったサービスであり、

通常は、全国にある配達パートナーセンターにて行う手続きです。

なので、コロナ終息などで、配達パートナー電話サポート予約についてはUber Eats から変更がかかる可能性がありますので、

状況によって臨機応変に対応していく力も必要になります。

実際に配達パートナーとして稼働する際、Uber Eats 社員では無く「個人事業主」として働くため、

配達パートナーひとりひとりが事業を背負う自覚を持ち、相応の振る舞いをするよう心がけていきましょう。

その結果、ユーザーの満足度に繋がっていくはずです。

少しでも、この記事が読者様のお力になれれば幸いです。

最後までお読み頂き、ありがとうございます。

 

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる