MENU
登録でキャッシュバック

【配達パートナーになるか迷っている人必見】Uber Eats 配達パートナーになるメリット・デメリット

最近コロナ渦で外出自粛ムードが漂う中で、フードデリバリーの需要が急増しています。

そんな中、Uber Eats の配達パートナーの仕事に注目が集まっています。

なので、Uber Eats の配達パートナーになるか迷っている人も多いと思います。

そこで、この記事ではUber Eats の配達パートナーになるメリット・デメリットを紹介します。

Uber Eats の配達パートナーは Uber 側と雇用契約を結ぶという形ではなく、個人事業主という形なので、従来の労働とは違ったメリット・デメリットがあります。

この記事を読むことで Uber Eats の配達パートナーのメリット・デメリットを理解することができます。

是非最後までご覧ください。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

目次

Uber Eats 配達パートナーのメリット

すぐに配達を始めることができる

Uber Eats の配達パートナーになるには、面接などの選考がないため、身分証を送付し、配達に使う車両の登録をするなど、一定の手続きを踏めばすぐに始めることができます。 

オンラインで登録した場合はUber Eats のバッグ、略してウバックご届くまで2日くらいかかるため、最短で2日で配達を始めることができます。

また、カスタマーセンターに行ってその場で登録した場合は、その場でウバックを買うことができるため、その日のうちに配達を始めることができます

なので、すぐにお金が欲しい場合にも対応することができます。

すぐに配達パートナーになることができる

ノルマを気にすることなく働くことができる

配達パートナーは個人事業主として扱われます。 

なので、Uberの本社などからノルマを課せられるようなことはなく、自分が稼ぎたい分だけ稼ぐことができます

したがって、ノルマを気にすることなく気楽に働くことができるといえます

ノルマを課せられないため気楽に働くことができる

対人関係がない

先ほど言ったように配達パートナーは個人事業主として扱われます。

なので、上司や同僚などがいないため、対人関係に気を遣わずに働くことができます

したがって、対人関係が苦手な人でも気楽に働くことができます

このように対人関係がないことは配達パートナーのメリットであるといえます。

対人関係が苦手な人でも気楽に働くことができる

いつでも好きな時に働くことができる

Uber Eats 配達パートナーの一番のメリットは自分の好きな時に好きなだけ働くことができる点であるといえます。

従来の労働は決められた曜日や時間にどんなに疲れていても出勤しなければなりません。

それに対して、配達パートナーは個人事業主なので、自分が好きな時に仕事をすることができ、逆に休みたいときに休むこともできます。

また、ノルマもないので、切り上げたいときには自由に切り上げることができます。

このように、いつでも好きな時に働くことができることは配達パートナーの最大のメリットであるといえます。

働きたいときに働くことができる

1週間ごとに振り込みがある

上記のように Uber Eats の配達パートナーとして稼いだお金は毎週振り込まれます

月払いの場合は、給料日前にはお金がないというようなことがありがちです。

しかし、配達パートナーの場合は週払いなので、給料日前にお金がないというようなことは起こりにくいです。

また、配達を始めたらすぐにお金が入ってくるので、すぐにお金が欲しい人にも最適です。

このように週単位でお金が入ることは配達パートナーのメリットであるといえます。

配達パートナーの報酬は週ごとに入る

楽しく稼ぐことができる

Uber Eats にはこのようにクエストという制度があります

クエストは週で自分が選択した配達件数に達したら、ボーナスで収入が入る通常のクエストと、雨などの日にその日の規定の配達件数に達した場合にボーナスで収入が入る通称雨クエストがあり、特に通常のクエスト報酬の金額は大きいです。

クエスト制度があることによって、ゲーム感覚で配達をすることができ、楽しく配達をすることができます

このように、楽しく配達できることは、配達パートナーのメリットであるといえます。

クエスト制度によって楽しく配達することができる

お店を発掘できる

Uber Eats の配達パートナーは様々な店舗に商品を受け取りに行きます。

なので、店舗の雰囲気や料理などを肌で体感することができるので、自分が外食する際の参考にすることができます

また、配達パートナーになる前は知らなかったお店を見つけることもできます

このように、新たなお店を発掘できることは配達パートナーのメリットであるといえます。

新たな飲食店の発見ができる

Uber Eats 配達パートナーのデメリット

配達パートナーが増えすぎている

Uber Eats の配達パートナーの報酬は配達した分だけもらえる、いわゆる歩合制です。

なのでたくさん配達すればするだけ報酬がもらえます。

しかし、最近は配達員が増えているため、配達依頼が分散して、依頼を受けるまでに時間がかかってしまいます。

そうなると、配達件数が少なくなるので稼ぎにくくなってしまうのです

なので、配達パートナーが増えすぎていることはデメリットであるといえます。

配達パートナーが増えすぎており、稼ぎにくくなっている

事故した場合などの補償ががない

Uber Eats の配達パートナー は先ほどお伝えように個人事業主です。

なので、Uber と雇用契約は結んでおらず、事故があった場合でもUber から保険がおりません

したがって、事故が起こった場合の治療費や入院費はもらえずに、けがをして配達パートナーとして仕事ができなくなった場合の補償もありません。

このように、事故した場合の補償がないことは大きなデメリットであるといえます。

Uber から補償がおりない

季節によって収入が入る場合がある

Uber Eats は基本的に人があまり外に出たくない時に需要が高まります。

つまり、暑い夏や寒い冬はユーザーがなるべく家にいたいと思うので需要が高まる傾向にあります。

それに対して、最適な気温の春や秋は、外に出る人が多くなり、フードデリバリーよりも外食をすることが増えるため、フードデリバリー需要は低下する傾向にあります。

また、春や秋は快適な気温なので、配達パートナーが多くなります。

そうなると、春や秋は需要が減るにもかかわらず配達パートナーの数が増えるので、必然的に配達件数が減り、収入が低下してしまうことは避けられないでしょう。

このように、季節によって収入が違うことは、配達パートナーのデメリットであるといえます。

季節によって収入が異なり、収入が安定しない

Uber Eats 配達パートナーメリット・デメリットまとめ

ここまで「【配達パートナーになるか迷っている人必見】Uber Eats 配達パートナーになるメリット・デメリット」と題してお送りしてきました。

その結果以下のことがわかりました。

  • すぐに配達を始めることができ、すぐにお金が得られる
  • 対人関係がない
  • いつでも好きな時に楽しく配達することができる
  • 新しいお店を発掘できる
  • 配達パートナーが増えすぎており、また季節によって収入が異なるため収入が安定しない
  • 事故の際などの補償が下りない

Uber Eats の配達パートナーは従来の働き方からすると特殊な形態です。

なので、そこには従来の労働とは異なるメリット・デメリットがありました。

この記事が、配達パートナーになるか迷っている人の手助けになれば幸いです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる