【初心者必見】 Uber Eats こぼさない飲み物の運び方!目的地まで安全に飲み物を運ぶ方法を紹介

Uber Eats の配達パートナーは自分の時間に合わせて収入を得ることができるため、最近人気が高まっています。

なので、配達パートナーになろうかなと迷っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、その中には飲み物を運ぶとにきこぼしそうで不安だなと感じる人もいるかと思います。

飲み物は、暖かい商品と分けて、固定することで店頭で渡された時と同じ状態でユーザーに手渡すことができるのです。

そこで、この記事ではこれらの方法について詳しく見ていきます。

これを見ることで、Uber Eats の配達パートナーになった際にためらわずに飲み物を運ぶことができるようになるので、是非ご覧ください。

目次

Uber Eats 配達で注意すべき飲み物は?

Uber Eats での配達で特に注意すべき商品は、

  • タピオカなどの飲み物
  • ラーメンなどの汁物

です。

ハンバーガー屋などでのセットドリンクはもちろん、上記のように最近はタピオカブームもあり飲み物単品での注文も多くあります。

また、ラーメン店など汁物を扱う加盟店も増えてきているため、ラーメンやうどんなどの汁物を運ぶ機会も増えてきています。

なので、これから扱う飲み物の運び方をマスターして、飲み物を運ぶことに苦手意識を持たないようにしましょう。

飲み物のウバックへの入れ方は?

暖かい商品と飲み物を分ける

暖かい商品と飲み物を分けずに運んでしまうと、暖かい食べ物がユーザーの下に届くころには冷めてしまいますし、逆に飲み物もぬるくなってしまいます。

このようにせっかく Uber Eats を利用したのに冷めた食べ物が届いたらユーザーの気分も最悪です。

なので、暖かい商品と飲み物は必ず分けるようにしましょう。

暖かい商品と飲み物を一緒の袋に入れて運ぶ

では、具体的にどのように分ければよいのでしょうか。

  • ウバックの仕切りを使って分ける
  • 別の保冷バックをウバックの中に入れておく
  • ビニール袋をウバックの中に用意しておく

Uber Eats の配達バック、通称ウバックにはこのように真ん中に仕切りがあります。

なので、そこの仕切りを使って暖かい商品と飲み物を分けるとよいです。

その他にも上記のようにウバックの中に保冷バッグを忍ばせて、飲み物を保冷バッグに入れるという方法もあります。

保冷バックは飲み物を保冷しかつ暖かい商品と区別することができます。

これをすれば、飲み物もぬるくなりにくいので最適な運び方かもしれません。

ただ、保冷バックを持っていない方でもウバックの仕切りの素材でも十分に保冷機能はあるので、無理に保冷バックを購入するといった必要はないでしょう。

・ウバックの仕切りで飲み物と暖かい商品を分ける
・保冷バックを用意し、そこに飲み物を入れる

また、多くのお店では暖かい商品と飲み物を違う袋に入れて渡してもらえるのですが、たまに上記のように一緒になった状態で渡される時もあります。

配達パートナーの中には、確認せずにそのままウバックの中に入れてしまう人もいますが、それはNGです。

お店から商品を一つの袋で渡された場合必ず中身を確認して、飲み物と暖かい商品とが一緒に入っていた場合は自分で分けることが必要です。

その時のためにきれいなビニール袋を飲み物を分ける用でウバックの中に忍ばせておきましょう

このように様々な道具を駆使して、暖かい商品と飲み物を分けるようにしましょう。

ビニール袋をあらかじめウバックに忍ばせておく

飲み物を固定する

飲み物は運んでる際のブレーキや段差での衝撃で揺れてこぼれてしまいます。

これを防ぐためには飲み物が揺れないように固定する必要があります。

固定していないとこのように飲み物がこぼれてしまい、ユーザーとしては最悪の気分です。

では具体的にどのように飲み物を固定すればよいのでしょうか。

  • 飲み物を入れた時の隙間をタオルで埋める
  • タオルの代わりにサバイバルシートを使う

上記の動画の5:04辺りから飲み物ではありませんが、商品の固定方法について紹介されています。

まず、商品をウバックの中に入れると隙間ができます。

その隙間があると運んでいる最中の衝撃によって揺れてしまい、飲み物がこぼれてしまいます。

なので、そこの隙間にタオルなどを入れることによって隙間を塞ぎ、商品が揺れないように固定しましょう

したがって、配達パートナーとして稼働する際はタオルを数枚用意するようにしましょう。

このようにタオルなどで飲み物を固定し、飲み物が揺れないようにすることで、飲み物をこぼさずに運ぶことができます。

また、タオルのほかにも上記動画のようにサバイバルシートを用いれば、飲み物を固定するだけではなく、保冷機能も果たしてくれるため一石二鳥です

なので、用意できる方はサバイバルシートで飲み物を固定することをお勧めします。

その他にも箱ティッシュなど利用できるものはたくさんあるので色々試して自分に合ったものを使用していきましょう。

・飲み物をタオルで固定する
・飲み物をサバイバルシートで固定する

飲み物の目的地までの運び方は?

ここまでは、飲み物をウバックの中に入れる方法を見ていきましたが、当然目的地まで原付バイク(125㏄以下)や自転車で運ぶ際にも注意が必要です。

特にウバックを背負う際に最大限の配慮が必要になります。

上記の動画の前半部分のように、ウバックを背負う際に勢いよく背負ってしまうと、せっかく固定したものが崩れてしまったり、飲み物が傾いてこぼれてしまいます。

そうなるとせっかくタオルなどを用意して固定したものが台無しになってしまいます。

そうならないためにも、動画の後半部分のように、ウバックを水平に保ったままゆっくりと背負うことが必要です。 

具体的には①自分の肩の前あたりまで水平にウバックを持ち上げる、②水平のままウバックを回転させてゆっくり背負うという順序で背負えば飲み物をこぼさずに背負えるでしょう。

ウバックを背負う時からウバックを水平な状態で保つように慎重に扱う

Uber Eats 飲み物の運び方まとめ

ここまで「【初心者必見】 Uber Eats こぼさない飲み物の運び方!目的地まで安全に飲み物を運ぶ方法を紹介」と題してお送りしてきました。

その結果

  • 暖かい商品と飲み物を分ける
  • タオルやサバイバルシートなどで飲み物を固定する
  • 常に水平を保ちながらゆっくり背負う

という結果になりました。

飲み物を運ぶ際はとても不安になりますが、この記事で見てきたことを実践すれば問題はありません。

ぜひ実践して配達パートナーとしての第一歩を踏み出してください。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる