MENU
登録でキャッシュバック

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナー(配達員)は誰にでも出来るのか? 【年齢制限】

この記事ではUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーの年齢制限についてなどをご紹介します。

目次
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)は高校生でも出来るのか?
  • 中年期の方にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをおすすめしたい
  • 様々な世代に人気な理由

ここでまずUber Eats(ウーバーイーツ)についての注意事項です。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはUber Eats(ウーバーイーツ)を運営しているUber Japan株式会社でのアルバイトではありません。あくまで配達パートナーとして契約をし、仕事をいただいているだけです。

以上のことから個人事業主となりますので従来のアルバイトと税金の仕組みが違います。 実際にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働くのであれば確定申告が必要な場合があるので確認しておくことが必要です。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

目次

Uber Eats (ウーバーイーツ)は高校生でも出来るのか?

結論は出来る

Uber Eats(ウーバーイーツ)には「18歳以上」という年齢制限があります。ただこれだけなので様々な人がUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやることが出来ます。

ですから高校生でも18歳を満たしていればUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをやることが出来ます。

働く時間について

高校生は夜に夜道を歩きまわっていると警察に補導されてしまいます。住んでいる地域の市の条例にもよって変わってきますが、22時や23時以降の外出は補導の対象となります

場合によっては学校に連絡がいってしまうこともあるので気を付けたいところです。例に、品川区では「東京都青少年の健全な育成に関する条例第 15 条」により、18歳の深夜(午後11時~午前4時)での徘徊は補導の対象となっています。

働く場合は親と時間について相談しましょう

仕事内容に関して

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはただ配達するだけではありません。レストラン等の飲食店の方や注文者とのコミュニケーションが必要不可欠です。学生はそういったコミュニケーションを経験する機会が少ないので、相手側に不快感を与えてしまうことが多いです。

トラブルを避けるためにも、必要な最低限の挨拶や会釈は心掛けましょう。また学生だからといってミスが許させるわけではありません。仕事にはしっかり責任感を持って臨みましょう。ただこういった経験は必ず自分のためになるので、途中で投げ出さず頑張りましょう。

中年期の方にUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをおすすめしたい

運動不足の解消になる

このコロナ禍で運動不足に悩まされている方も多いのではないでしょうか。外出の自粛で体を動かす機会を失ってしまっています。この運動不足を解消する方法としてUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーをおすすめします

このUber Eats(ウーバーイーツ)の配達には移動が欠かせないので必然的に体力を使うことになります。またUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは自分の好きな時間に働くことが出来るので、運動したいときに出来ます。

仕事終わりにお金を払ってジムに行くより、お金を稼ぎながら運動できる方がお得です。

健康になる

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は運動になるので必然的に健康になります。自転車は効率的にエネルギーを消費させることが出来ますし、また全身を鍛えることも出来ます。

ランニングなどは膝や腰を痛めてしまいがちですが、自転車は安全に気をつけて乗れば、怪我をすることもありません。

お金を稼ぐことが出来る

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達はお仕事ですので収入を得ることが出来ます。運動不足を解決しながら、お金をもらうことは他のバイトを探してもなかなかありません。

また運動を頑張れば頑張るほど、収入もあがるのでまさに一石二鳥です。人によっては4週間で30万を稼ぐことが出来るので、収入の方も期待することが出来ます。

ちなみに働いている人の年齢はどんな感じか?

先ほど言ったように年齢制限は「18歳以上」だけですので上限はありません。ですのでやろうと思えばどんな人でも出来ますので、様々な年齢の方がいらっしゃいます。
内訳は下のようになっています。

大学生 22.4%

20代(大学生を除く) 26.8%

30代 33.2%

40代 14.6%

その他

https://www.noshift.com/article/4mwdcu4eO18nXu2CHMBhfn

様々な年代に人気な理由

自由な時間に出来る

従来のバイトは、例えば「18時~22時まで」を週3日で働く、といったようにシフトが決まっています。決まった時間に出勤し、決まったお金をいただきます。

しかしUber Eats(ウーバーイーツ)は自分の空いている時間にお金を稼ぐことが出来ます。

自分の空き時間を有効に使いたい人

暇だから何かしたい人

こういった方々に向いているのではないかと思います。

簡単に出来る

Uber Eats(ウーバーイーツ)は、従来のバイトと違い、「18歳以上」という制限だけです。従来のバイトであると、面接をしたり、身だしなみに関して規則があったりと何かと制約が多いものです。

ただUber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーであれば面接はありませんし、身だしなみに関して規則がありません。(一般常識として、人と会うので必要最低限の身だしなみは必要です)

髪色もピアスも自由です。

コロナ禍でも需要がある

昨今コロナ禍ということで飲食店の時短営業が続いています。この影響で飲食店のバイトをクビになったり、収入が大きく減った人が多いのが現状です。

たとえ時短営業が解消になったとしても、いつまた時短営業になるかが分かりません。こうした収入に波のあるバイトをするよりも、安定したバイトをした方が賢明だと思う人も多いです。

その点、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーはコロナ禍の影響を比較的受けにくく、またコロナ禍でさらに需要が増えている仕事です。

実際、私の友人も飲食店でのバイトが極端に減ってしまったので、飲食店でのバイトを辞め、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーとして働いています。


運動不足が解消できる

先ほどもいったように昨今はコロナ禍ということもあり、外出する機会が激減し家にこもる日々です。そうした日々で、太ってしまった人も多いのではないでしょうか?

特に大学生は家でパソコンに向かって授業を受ける日々を過ごしています。私の友人の大学でもいまだ対面授業よりも遠隔授業の方が多いです。

こうした現状だと必然的に運動不足になることが想像できます。そういった中で、Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達は非常にいい運動となります。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる