MENU
登録でキャッシュバック

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達にヘルメットは必要! 選び方~お手入れまで 

車の脇を颯爽と通り抜けていく自転車。
背中のリュックには黒字にグリーン。
Uber Eatsの文字が輝く。
昔は出前。
今や配達パートナーと呼ばれる彼ら。
高給配達パートナーともなると月収が50万を超えるとも言われている。
そんなUber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーに興味シンシンな
あなた。
Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーになるために必要なもの。
それは、なんであるかご存知だろうか?

「自転車?」

スマホ?

身分証明書?

すべて正解!!

しかしそれだけじゃないのです。
大事なもの忘れていませんか?
Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーを始めるために必ず用意して
おかなければならない必要アイテム。

それは

ヘルメット

本記事ではなぜ
Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーの
必要アイテムがヘルメットなのか? 
そして
ヘルメットの選び方からメンテナンスの仕方までご紹介します。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

目次

ヘルメットがなぜ必要?

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーの報酬を知ろう

まず、ヘルメットの必要性を考える前に
Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達
パートナーの報酬がどのように決まるか知っておきましょう。

Uber Eats(ウーバーイーツ) の自転車配達パートナーの報酬額は

報酬額 = ①配送料+②インセンティブ
-③サービス手数料(10%)
+④チップ


で計算されます。

① はざっくりいうと1件の配達で得られる報酬です。

②のインセンティブは
注文の多い曜日や時間で配達を行う事
で割り増しされる報酬です。
これをUber Eats(ウーバーイーツ)では
クエスト
と呼んでおり、ゲーム感覚で「クエスト」に挑戦する配達パートナーも多いです。

③はUberにシステム使用料として支払わる金額で基本料金の10%と決まっています。

④は利用者が任意で支払うチップでだいたい100円~200円くらいです。

日本ではチップの文化がないので、これ目当てで配達しても正直稼げないですね。


Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーで稼ぐにはどうすれば?



その答えは!!


注文が多い時間帯や場所でより多くの配達をこなす

これにつきます。

したがって、スピードが命。

たまに車の間を猛スピードですり抜けていくUber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナー
を見かけますが、報酬の計算方式を知ると納得ですね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車 配達パートナーの事故

一方で配達時の事故が社会問題まで発展しています。

ウーバー配達員の男性か 自転車で赤信号横断、タクシーにはねられ死亡 東京・品川
2021年7月27日 10時48分

東京新聞より引用 https://www.tokyo-np.co.jp/article/119628


事故に遭った大学生は残念ながら帰らぬ人となってしまいました… …

「ウーバーイーツ」の配達員らでつくる
労働組合の調査の分析では

指定された期間内に一定数の配達回数を達成すると、配達員の報酬が加算される「クエスト」と呼ばれる制度があり、回数を達成しようとして事故に遭ったケースも目立った。労組は「急いで配達しようとする心理が働いている」と分析している。

日本経済新聞ホームページより引用 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO61782950R20C20A7CZ8000/

「クエストで1件でも多くの配達をこなして稼ごう!!」
Uber Eats (ウーバーイーツ)の自転車
配達パートナーなら誰でも思うことですね。
しかし事故を起こして自分が大けがをしたり
他人にけがをさせたりしては元も子もありません。

僕は安全運転するからヘルメットなんかいらないよ

いえ、いえ
そんな事はないのです。

確かに道路交通法63条の11では13歳未満の子供に対して保護者がヘルメットを着用させる努力義務はありますが、成人男子に対しては自転車乗車中ヘルメットを着用する義務はありません。

しかし

自転車乗用中の乗車用ヘルメット非着用時の死傷者に占める死者の割合(致死率)は着用時に比べて約3.0倍高くなっており、頭部損傷が重大な事故につながりやすいことが確認されました。

警視庁ホームページ https://www.npa.go.jp/bureau/traffic/bicycle/info.html

自分の命を守るためヘルメットは
必要アイテム!!

それではどのようなヘルメットを選べばよいのか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーにとってヘルメットがどれだけ
重要だということはご理解いただけたでしょうか?
では、早速ヘルメットを買おうとAmazonで「自転車、ヘルメット」で検索。

するとなんと1,000以上ヒット!!

どれを選べばよいか迷っちゃいますね。

どのヘルメットを選べばよいのかな?

ヘルメットは試着せずに買わない

まずこれが基本です。
必ず自転車専門店に行って、実際に試着して選びましょう。
ネットでもS,M,Lや57cm-61cm等のサイズ表記がされています。

しかし

サイズだけではヘルメットは選べません。
なぜなら、頭の形がひとそれぞれだからです。

一般的には欧米人は縦長に近く側頭部が狭く額・後頭部が張り出している「アーモンド型」
一方、日本人の頭部は円形に近く、側頭部も張り出している「丸型」
ただし、これはあくまで一般論です。
最寄りの自転車専門店で色々なヘルメットを試着してみましょう。

・かぶってみて頭のどこかが当たる。
・痛みを感じる。
・痛みがなくてもヘルメットが途中で止まっているように感じる。

そのような場合は、ヘルメットのサイズが小さいといえます。
ワンサイズ上のヘルメットを試してみましょう

・かぶってみて明らかにゆるい。
・左右に揺れる。
・アジェスターだけで支えている感じがする。
・また頭頂部しか当たっている感じがしない

そのような場合は、ヘルメットのサイズが大きいといえます。
ワンサイズ下のヘルメットで試してみましょう。

不安な場合は躊躇せず、お店のスタッフに相談してみてください。

ヘルメットの「安全性」

先程お話した通り、配達中の事故時に頭部を守るためにヘルメットをかぶるのですから、当然安全性能が確保されているものが必要。
といっても素人にはカタログをみても皆目わかりませんよね。
Uber Eats(ウーバーイーツ)自転車配達パートナーでしっかり稼ぎたいということであれば、ここはちょっとお高くても1万円~2万円台のハイエンドモデルを選びましょう。

大事な頭を守るヘルメットです。
ここはケチらず、しっかりお金をかけましょう。
もう一つ
安全性の観点で気にする必要があること。
それは色です。
やはり、赤や黄色、オレンジ系の暖色系のカラーは目立ちやすく、視認性も高いと言われています。
特に赤と黄色は理的に警告や注意を表すため、目を惹きやすいのでおすすめです。

ヘルメットの軽さと通気性も重要

あなたがUber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーとしてガッチリ稼ごうと思っているなら、数時間はヘルメットをかぶり自転車に乗りつづけることになります。
そうなるとより通気性が高く、軽量のヘルメットが良いに違いありません。
先ほど1万円~2万円のハイエンドモデルのヘルメットの多くは軽量でありながら、安全性も確保されているものが多いので安心です


まとめると

試着し自分の頭にあったもの
価格的には1万~2万 
安さより安全性・軽さ・通気性を重視
色は赤か黄色

ずばり!! お勧めのヘルメット・ブランド

ずばり!!
皆さんにとっておきのおすすめブランドを紹介したいと思います。
ネットの口コミや値段も参考に、最終的には試着してから、
「どこで買うか、どのメーカーのものを買うのか」を決めましょう!

まず、おすすめしたいブランドはKabuto
1948年創業 大阪本社の老舗です。日本国内で企画開発から安全性能実験までを一貫して行っており、安全に強いこだわりをもったヘルメット製造専業メーカーです。

もう一つのおすすめブランドはKARMORです。
こちらもアジア人にフィットした形状が売りで見た目もスマートと評判が高いブランドです。
是非この2つのブランドからご自身が気にいるヘルメットを探してみてください。

自転車のQBEI 楽天市場支店
¥16,166 (2021/10/23 13:05時点 | 楽天市場調べ)

しかし一点気を付けていただきたい事が……

どちらのブランドもメルカリ等で中古品が売られていますが、
中古品を安易に購入しないこと
見た目がきれいでも一度ダメージを受けて、安全性能が低下している危険性があります。
外観だけではどれだけの衝撃を受けてきたのか判断できないため、絶対購入は避けてください。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

ヘルメットのお手入れ方法

購入したてのピカピカのヘルメット。
しかし、しばらくすると当然汚れます。
最後にヘルメットのお手入れ方法をご紹介します。
ヘルメットの外側、内側とも水、あるいはぬるま湯を含ませた布で汚れは拭き取りましょう。
汚れがひどい場合は中性洗剤を薄めた水かぬるま湯でふき取るのが良いですね。
あごひもは洗面器などに水もしくはぬるま湯をため、あごひもをそこに浸し、シャンプーやボディソープでもみ洗いをし、汚れを落としましょう。
ヘルメットを洗い終わったら直射日光が当たらない、日陰で風通しが良い場所でしっかり乾燥させればOKです。


Uber Eats(ウーバーイーツ)の自転車配達パートナーをするにあたりヘルメットがいかに重要かご理解いただけたでしょうか?
是非、ご自身で気に入ったヘルメットを購入いただき、月収50万を超える高給配達パートナーを目指してください!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる