Uber Eats の配達パートナーになるために任意保険が必要?

この記事では、Uber Eats の配達パートナーを始めたい方に向けて、Uber Eatsの補償と任意保険について解説します。

  • Uber Eats の配達パートナーを始めてみたいけど、任意保険の加入が必要なのか?
  • Uber Eats の補償もあると聞いたことがあるけど、どうなの?

こういったお悩みを解決する内容になっています。

本記事はこんな方におすすめ

・Uber Eats の配達パートナーを始めたいけど、事故にあったら怖い

・Uber Eats の補償と任意保険の違いを知りたい

最近では、気軽に始められ、好きな時間に好きなだけ働けるUber Eatsの配達パートナーを始める人も多くなってきました。副業としても注目され、働き方によっては普通のアルバイトよりも高い報酬を得ることが可能です。

そんなウーバーイーツの配達員ですが、事故に関するニュースもよく聞くようになりました。
配達の仕事には常に事故のリスクもつきまといます。

もし事故が起こったとき、どのような補償があり、その内容はどうなっているのか徹底解説していきます!
任意保険の必要性についても解説します!

目次

結論:任意保険は必ずしも必要ではないが、よく検討したほうが良い!

結論から言いますと、乗り物によっては配達パートナーになるために任意保険の加入は必要ではなく、Uber Eats の補償も適用されます。
ただし、全ての事故に適用される訳ではありません!

下記で詳しく解説していきます。

Uber Eats の補償制度

Uber Eats が提供する補償制度には、以下の2つの種類があります。

対人・対物賠償責任補償
② 傷害補償

『対人・対物賠償責任補償』は配達中の事故により、他人を死傷させたり、他人の物品を壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合の補償。

『傷害補償』は配達中の事故により配達パートナー自身が傷害を負った場合に、医療費や入院費などの見舞金を補償する制度となっています。

下記でそれぞれ詳しい内容を見ていきます。

対人・対物賠償責任補償制度の内容

  • 上限1億円
  • 自己負担金なし

対人・対物賠償責任補償制度が適用される例として以下のようなものがあります。

  • 配達中に歩行者にぶつかって怪我を負わせた
  • 商品の受け渡し時に誤って料理をこぼしてしまい、注文者に火傷を負わせた
  • 配達中に注文者の自宅や第三者の車両に損害を与えた

補償額の上限1億円

この額に関しては、他人に怪我を負わせた場合や物に損害を与えた場合を考えれば十分な補償額と考えられます。

自己負担金なし

十分な補償額に加えて、配達パートナーが事故を起こした際の自己負担金もないとUber Eats の規定に明記されているので、ここは安心できる点かと思います。

傷害補償制度の内容

  1. 医療見舞金
  2. 死亡見舞金・葬式費用
  3. 後遺障害見舞金
  4. 入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金
  5. 配偶者・被扶養者への見舞金
  6. 後遺障害等級の確定に要する費用
  7. 入院一時金
  8. 手術一時金

見てわかるように、幅広く補償されているように思われます。
以下でそれぞれの条件、補償内容を詳しく見ていきましょう。

  1. 医療見舞金:必要な医療費用を、上限50万円として補償。
  2. 死亡見舞金・葬式費用:配達パートナーが死亡した場合、相続人は1000万円の一時金を受け取ることが出来ます。 また、葬式費用も上限100万円として支払われます。
  3. 後遺障害見舞金:配達パートナーに後遺障害が生じた場合、最大1000万円の一時金。
  4. 入院時または入院後稼働不能となった場合の見舞金:配達パートナーが怪我を負って入院し、その後当該怪我により稼働できなくなった場合、7500円/日(最大60日)
  5. 配偶者・被扶養者への見舞金:配達パートナーの死亡時、その配偶者や被扶養者1人に対し15万円(最大3人)
  6. 後遺障害等級の確定に要する費用:後遺障害等級を確定するために実際に要した費用が支払われます。
  7. 入院一時金:配達パートナーが怪我を負って入院した際、ヘルメットを装着していた場合2万円ヘルメットを非装着の場合5000円
  8. 手術一時金:配達パートナーが怪我を負い、手術が必要で入院が必要な場合7万5000円
    外来手術の場合3万7500円


傷害補償制度が適用される例として以下のようなものがあります。

  • 配達中に車とぶつかり、自身が怪我を負った
  • 商品の受け取り時に誤って料理をこぼしてしまい、自身が火傷を負った

適用条件や補償内容は変更されることもありますので、気になる方は実際にUber Eats の公式サイト確認してみると良いと思います。

「配達中」以外は適用されない

ここまでUber Eats の補償制度について見てきました。

意外と充実した補償内容で、配達パートナーとして働くには、これだけでも十分なのではないかと思う方もいるかと思います。
しかし、ここで注意しておきたいポイントがあります。

それは、Uber Eats の補償制度は「配達中」に起こった事故に対してのみ適用されるということです。

「配達中」の定義は以下のようになっております。

自転車・原付バイク・バイク・軽自動車を利用する配達パートナーが、配達リクエストを受けた時点から配達が完了、またはキャンセルするまでの間

つまり、注文が入っていない間の移動時や、配達を終えて帰宅する際に起きた事故については補償の適用外ということです。

そう考えると、疲れて帰宅する途中に事故を起こしまったと想像すると恐ろしいです。
Uber Eats の配達では自宅からかなり離れた場所まで行ってしまう事もあるので、それだけ運転距離が延び、それに伴い事故を起こしたり事故に遭うリスクも大きくなります。

そうしたことから、配達パートナーとしてお仕事を始める方は任意保険に加入することをおすすめします。

自転車は必ず任意保険に加入しておくべき

自転車で配達するUber Eats の配達パートナーの姿を見ることが多くなりましたが、それに伴い自転車と歩行者の接触事故などのニュースも見るようになりました。

万が一、衝突した歩行者が死亡してしまった場合、多額の賠償責任を負う事例もあります。

自転車というと歩道も走ることができ、それだけ歩行者との距離も近く、接触のおそれは高くなります。
配達中はUber Eats の補償がありますが、バイクや車のように自賠責保険がありませんので、もし配達以外の場面で事故を起こしてしまった場合、誰も補償してくれません

万が一のための保険ですし、自転車の保険の場合、毎月数百円で加入できるものもあるので検討してみてください。

安くて充実の補償内容のおすすめ任意保険はこちらをご覧ください。

原付きバイク(125cc以下)は自賠責のみでOK、でも

原付バイク(125cc以下)の場合、配達パートナーとして登録する際に任意保険の加入は義務ではありません

ちなみに、125ccを超えるバイクや車については、任意保険の加入や自動車共済証書の提出が求められています。

しかし、上記でも述べたようにUber Eats の補償制度はあくまで「配達中」のみ適用されます。

原付バイク(125cc以下)で配達する場合は、自転車よりも多くの配達ができ、それだけ走行距離も長くなります。
1日中配達をすれば100km以上走ってしまう時もあります。

それだけ事故に遭う確率も高くなりますし、自転車と比べて重傷を負う可能性も高いと思われます。
自分のためにも任意保険の加入を検討してみてください。

また、バイクや車の任意保険に加入する際は、「配達中」に適用されるものを選んでください。

配達時は「業務中」ですので、一般の保険では適用されない場合がありますのでご注意ください。

私も入っているおすすめの任意保険はこちらをご覧ください。

安心して配達パートナーをやるためにも任意保険に加入することをオススメします!

最後にまとめになります。

  • Uber Eats の補償制度は「配達中」のみ適用される
  • 自転車で配達パートナーをやる際は任意保険に加入!
  • 原付バイク(125cc以下)でも任意保険に加入する!
  • 任意保険は「業務中」に適用されるものを!

Uber Eats の補償制度は充実しているものの、すべての状況で適用される訳ではないとお分かりいただけたかと思います。

自分が安心して配達パートナーになるためにも、任意保険の加入を強くおすすめいたします!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる