Uber Eats 【楽に配達したいあなたへ】配達におすすめの電動自転車は?

Uber Eats の配達パートナーは配達をする際、自転車と原付バイク(125㏄以下)を使用することができます。

特に自転車での配達は、長い距離や坂道を自力で漕ぐことが必要になるため、とても体力が必要です。

そこで、電動自転車を使用しようと考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、電動自転車と言っても多くの種類があるため、その中から最適な自転車を選ぶのは至難の業です。

結論から言うと、おすすめの電動自転車はTB1eとベロスターです。

この記事では2つの電動自転車をおすすめする理由や、どんな人にこれらの電動自転車が向いているのかを紹介していきますので、電動自転車選びの手助けになること間違いなしです。

目次

Uber Eats で電動自転車を使用するメリット

Uber Eats 電動自転車を使用するメリットは

  • 楽に配達ができる
  • 報酬がアップする
  • 食べ物や飲み物をこぼしにくくなる

です。

電動自転車は軽く漕ぐだけで電気の力で進むことができます。

なので、ペダルを漕ぐ回数を抑えて、少ない力で配達を行うことができ、体力の消耗を抑えて楽に配達ができます。 

なので上記のように電動自転車だと楽という意見が多くありました。 

電動自転車を使うことで楽に配達できる

また、普通の自転車ではなかなかスピードが出ない人でも、電動自転車であればある程度のスピードが簡単に出るため、通常の自転車を使用するときと比べて時間単位の配達件数が増えます。 

さらに、電動自転車を用いると、体力の消耗を抑えながら配達できるため、より長時間配達することができます
 
このように時間単位の配達件数が増え、長時間配達することができるため、結果的に報酬を増やすことができます

なので、上記のように電動自転車にしてから報酬が上がったという意見が多くみられました。

電動自転車を使うことで報酬が上がる

さらに、上記で述べたように電動自転車を使用するとペダルを漕ぐ回数を少なくすることができます。 

それに対して、通常の自転車だとペダルを多く漕がなければならず、漕ぐ際に体が揺れてしまいます。

そうなると背中に背負っている Uber Eats のカバン略してウバックが揺れてしまい、中の飲食物が揺れてしまい、こぼしてしまうリスクが高まります。           

電動自転車を使用した場合はウバックが揺れなくなり、飲食物をこぼすリスクを抑えることができます

このように、

電動自転車を使うことで飲食物をこぼしにくくなる

Uber Eats 配達におすすめの電動自転車は?

電動自転車は様々な種類があるので、ここでは Uber Eats での配達におすすめの電動自転車について紹介していきます。

TB1e

出典 ブランド一覧 | ブリヂストンサイクル株式会社 (bscycle.co.jp)

Uber Eats での配達にTB1eをおすすめする理由は、

  • 充電が長持ちする
  • 鍵の開閉がしやすい

からです。

電動自転車を乗る際に気を付けなければいけないのは、充電です。

特に、Uber Eats の配達パートナーとして稼働する際は、ひたすら自転車を使うので、充電の消耗が早くなります。

ブリヂストンの両輪駆動は、走っている間に

モーターが発動して自動で充電される仕組み。

電動クロスバイク TB1e(ティービーワンe) | ブリヂストンサイクル株式会社 (bscycle.co.jp)

しかしTB1eは、上記のように走りながら充電がされるため、充電の減りが遅く、1回の充電で最大200㎞ 走ることができると公式発表されています。

なので、配達パートナーとして1日中稼働しても持ちこたえられるので、電動自転車の充電切れによって稼働できなくなるといった事態を避けることができます。

TB1eは充電が長持ちする

TB1eは鍵の開閉がしやすいサークル錠を使用しています。

サークル錠の詳しい説明はこの動画の6:40からをご覧ください。

Uber Eats の配達では、お店に料理を届けに行く時や、ユーザーの届け先についたときなど、自転車を離れる場面が多く出てきます。 

その時に、サークル錠がついていないと、鍵を取り出したり自転車につけたりととても手間がかかってしまいます。 

それに対して、サークル錠がついていればすぐに鍵を開閉することができ、とても効率が良くなります。

TB1eはサークル錠付きで、鍵の開閉がしやすい

このように、TB1eは充電が長持ちする点と、サークル錠がついているという点で、 Uber Eats の配達に最適な電動自転車であるといえます。 

ブリヂストン(BRIDGESTONE)
¥124,690 (2021/10/13 23:15時点 | Amazon調べ)

ベロスター

【公式】ベロスター|電動アシスト自転車/自転車|Panasonic

Uber Eats での配達にベロスターをお勧めする理由は

  • 値段が安い
  • スピードが出やすい

からです。

ベロスターの値段は約10万8,000円です。

一見高いようにも見えますが、他のスポーツ電動自転車は15万から25万円くらいの値段で販売されています。 

なので、ベロスターは他の電動自転車と比べて、低価格で購入することができます

手軽にスポーツ電動自転車を購入したいという方におすすめです。

スポーツ電動自転車の中で低価格

また、上記のように安価だからと言って大きく性能が他と比べて劣るということはありません。

特にスピード面においては、他の電動自転車よりも速く走ることができ、Uber Eats の配達においては、効率よく件数をこなすことができます。

他の電動自転車に比べてスピードが出やすい

このように、ベロスターは安価な点と、スピードが出やすいという点でUber Eats での配達においておすすめであるといえます。 

パナソニック(Panasonic)
¥114,550 (2021/10/13 23:23時点 | Amazon調べ)

TB1eとベロスターはどんな人に向いているの?

TB1eを使うのに向いている人は?

TB1eを使うのに向いて言う人は

  • 配達パートナー専業でがっつり稼ぎたい人
  • 常にアシスト機能を使いたい人

です。

先ほどお伝えしたようにTB1eはなんといっても充電が長持ちします。

配達パートナー専業で働きたい人は朝から晩まで稼働することが多いです。

そうなると、充電が長持ちしなければ、途中で充電が切れてしまうこともあるので充電の減りを気にしながら稼働しなければなりません。

しかし、充電の長持ちするTB1eを使えばそんな心配はいりません。

また、常にアシスト機能を利用しても、充電が持つため、常にアシスト機能を使いたい人にもおすすめです。

なので、専業でがっつり稼ぎたい人、常にアシスト機能を使いたい人にはTB1eをおすすめします

専業でがっつり稼ぎたい人、常にアシスト機能を使いたい人はTB1e

ベロスターを使うのに向いている人は

ベロスターを使うのに向いている人は

  • 短時間でサクッと稼ぎたい人
  • 配達パートナーを副業としている人

です。

ベロスターはTB1eと比較すると充電が減りやすいです。

なので、朝から晩まで充電が持つことがないので専業で配達パートナーとして稼働するには物足りません。

その反面、スピードが出やすいので、短時間であればTB1eよりも早く件数をこなすことができます

なので、短時間でサクッと稼ぎたい人にはTB1eをおすすめします

また、値段が安いため気軽に購入することができるため、副業の人にはもってこいの電動自転車であるといえます。

短時間でサクッと稼ぎたい人や副業で配達パートナーとして稼働する人はベロスター

Uber Eats おすすめの電動自転車まとめ

ここまで「Uber Eats 【楽に配達したいあなたへ】配達におすすめの電動自転車は?」と題してお送りしてきました。

その結果以下のことが分かりました。

  • TB1eとベロスターがおすすめ
  • TB1eは充電の持ちがよい
  • ベロスターは安価
  • TB1eは長時間稼するため、専業配達パートナーにおすすめ
  • ベロスターは充電の持ちは良くないが、スピードが出やすいので、短時間でサクッと稼ぐ副業配達パートナーにおすすめ

この二人の電動自転車を使えば Uber Eats での配達が充実すること間違いないです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる