MENU
登録でキャッシュバック

[Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みって?] 注文からお届けまで、アプリの向こうのリアルはどうなっているの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)ってみんな話題にしてるけど、仕組みってよくわからないから、いまいち分かんないんだよねって思っていませんか?
知らないままだと、話についていけないし。今更人には聞けないしで、 ちょっと困っていませんか?

実はUber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みってすごくシンプルなのです。

なぜならUber Eats(ウーバーイーツ)の会社ってそもそもフードデリバリーの会社じゃなくって、アプリなどのテクノロジー企業だから仕組みはとてもシンプルにアプリを使用できるのです

ここでは、Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みを簡単に理解していただける様に記事を書いています。
これで、あなたもUber Eats(ウーバーイーツ)ってどういった仕組みのものなのかを理解できます。

目次

○Uber Eats(ウーバーイーツ)お客様の注文の仕組みってどうなっているの?

※Uber Eats では配達員ではなく配達パートナーと呼びます。また、配達パートナーは個人事業主として業務を受託しており、Uberとの雇用関係はありません。

ここでは

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文できるものは何?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)でのデリバリーされて来る仕組み
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法はどういった仕組み?

といった内容を深掘りしていきましょう。

なんでもUber Eats(ウーバーイーツ)で注文できるのか?


Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリで注文できるものは、なんでも注文できます。


いまでは、コンビニの商品も自宅までデリバリーをお願いできますし、
例えは、レンタル会議室でミーティング中のところへ、スタバのコーヒーをデリバリーしてもらうという様な注文も可能です。
また、公園でまったりしているところへランチを届けてもらう様な注文も可能。

アプリで注文できる商品であれば、なんでも、アプリで指定できる住所であればどこでも注文できます。

https://twitter.com/2019beauty/status/899490851625213952?s=20


Uber Eats(ウーバーイーツ)で注文をすれば、なぜデリバリーされて来るのか


Uber Eats(ウーバーイーツ)は、単なる出前アプリと思われていますが、
飲食店とフードデリバリーを行う配達パートナーとのマッチングアプリ
と思っていただく方が仕組みが理解しやすいです。


飲食店などに注文し、出来上がった料理を、その時の近くにいる配達パートナーとマッチングさせ、
注文者様に美味しい料理が届けられる仕組みなのです。


Uber Eats(ウーバーイーツ)の支払い方法は?


注文者は、基本カード決済です。クレジットカードはもちろん、デビットカードでも決済できます。
また、希望すれば現金決済も可能。

注文者の都合に合わせて決済できます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリー料金の仕組みとは?

ここでは、

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリー料金の仕組みとは?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリの基本的な利用料は?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)での金額の内訳は?

などについて深掘りしていきたいと思います。

Uber Eats(ウーバーイーツ)と標準的な飲食店さんのデリバリー料金の違いとは?

Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリー料金は、商品に予め上乗せされているわけではなく、配達料として注文者様からお支払いをいただいています。

フードデリバリーとして真っ先に思いつくのは、宅配のピザだと思いますが、
ピザの場合は、商品の料金にデリバリー代が一緒になっています。


ですが、Uber Eats(ウーバーイーツ)の場合は、商品代金と配達料は別となっていまして、配達料は、距離だったり天候や期間だったりで変化をする仕組みとなっています。


Uber Eats(ウーバーイーツ)ってアプリの利用料かかるの?


Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリの利用は完全無料です。月額料金もかかりませんので、使いたい時に安心して利用できるアプリです。

※現在月額料金を払って配送料がEats パスというサブスクサービスが始まっていますが、
ヘビーユーザー向けですので、ライトな使い方は無料で行けます。
サブスクサービスは詳しくは、こちらで確認してみてください。「Eats パス」の詳細


Uber Eats(ウーバーイーツ)で支払う金額の内訳は?


Uber Eats(ウーバーイーツ)で支払う金額の仕組みは、
料理のお値段、配達料金、それにサービス料
が基本となっています。


あと、注意が必要なのは、注文金額が少なすぎる場合(700円未満)の場合は、別途少額注文手数料が必要となります。
※150円


そして、配達パートナーのお届けに感謝したいと思ったら、配達パートナーに対してチップを送ることも可能となっています。


たまにクーポンが発行されたり、イベントなどで配達料なしなどのキャンペーンがあったりしますので、
Uber Eats(ウーバーイーツ)を利用しようかどうしようかと悩まれているのでしたら、そういった機会に利用を試されても良いのではないでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)レストランの受注や受け渡しまでの仕組みはこうなっている。

ここでは

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)注文の仕組み
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーとのマッチングの仕組み

を深掘りしていきましょう。

レストラン側でのUber Eats(ウーバーイーツ)の注文はどの様な仕組みで受注するの?

Uber Eats(ウーバーイーツ)のアプリを通じ、食べたい料理が決まって注文をすれば、
それがレストラン側への端末へと連絡が繋がり、お客様のオーダーが通る仕組みとなっています。


レストラン側が使用するアプリには、予め提供までの大体の必要時間が設定されており、その設定にあるように調理をしていきます。
ですが、早く料理が上がった場合は、準備完了とアプリから設定できますし、逆にオーダーが立て込んで遅れそうならば、時間を遅らせたりとすることができます。
これによって配達パートナーとのマッチングを決めている仕組みとなります。


Uber Eats(ウーバーイーツ)で商品をお客様の元へデリバリーする配達パートナーを探す仕組み


料理がもうすぐ上がりそうだと設定時間を元にアプリで判断し、そうなると近くにいる配達パートナーへマッチングの連絡がいく仕組みとなっています。
パートナーは仕事を受けて初めてマッチング成功となりお店へとピックをしに行く仕組みとなっています。
連絡がきても受けなければその配達の仕事は次の人へと流れていく仕組みです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーはどの様に注文者様まで料理を届けるの?アプリの仕組みは?

配達パートナーからの目線での仕組みについてはどうなっているのか?

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがレストランとのマッチングの仕組みは?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが無事にお客様のところまで配達できる仕組みは?
  • デリバリー時、会計が現金だった場合、受け取ったお金のその後の仕組みは?

を深掘りしていきましょう

Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーがレストランの料理を届けるのはどうやって決まるの?レストランとのマッチングの仕組み

フードデリバリーを見つけるためには、Uber Eats(ウーバーイーツ)のデリバリーパートナー用のアプリを起動させ、オンライン状態にしておくだけです。
近くでデリバリーの要請が入り、マッチングすればアプリに連絡が来る様になっています。

通常の仕事の様に、こちらから営業をかけて仕事を配達パートナーが見つけるのではなく、
お店側からのデリバリー要請がUber Eats(ウーバーイーツ)側に行き、そこからベストなパートナーへ連絡が行く仕組みとなっています。


Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナーが初めて行くお客様の元へデリバリーできるしくみは?


配達パートナーが使うアプリには、地図アプリと連動し、商品をピックしに行くお店や、受け取り後に向かうお客の方向など、アプリで道案内をしてもらえる仕組みがあります。
その案内に従って向かいますと、お客様の元へと配達できます。


デリバリー時、現金でやり取りする場合のお金のその後の仕組みは?


商品を受け取り時、現金決済をした場合、その現金はその後どの様に処理されるか気になりません?
この処理の仕組みが合理的で、配達パートナーがUber Eats(ウーバーイーツ)側へ現金を持って行ったりしないのです。
配達で得た報酬と相殺になるのです。
例えば、報酬が1000円あり、現金決済で預かっている金額が500円だとすると、次の振込時には差額の500円が振り込まれるのです。
もし、現金の方が多くなってしまっていたら、どうなるのか?
その場合は、最初に銀行口座等を登録する時にクレジットカード情報等も登録しますので、そこからの差額決済となります。
さすがアメリカのIT企業、合理的ですよね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)本体の儲けの仕組みは?仕組みにおける問題点は?


これだけ便利なアプリ、料理をオーダーする方もデリバリーパートナーも満足できる仕組み

でも、本体のUber Eats(ウーバーイーツ)はどの様に儲けをだしているのでしょうか?
そして、この仕組みに問題点はないのでしょうか?

  • Uber Eats(ウーバーイーツ)運営会社の利益の仕組みは?
  • Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みの問題点はここ!

について深掘りしていきます。

Uber Eats(ウーバーイーツ)運営会社はどうやって売り上げを出してるの?その稼ぎの仕組みは?


Uber Eats(ウーバーイーツ)の運営会社は、


利用するお客が支払う配達料とサービス料
お店からの売り上げと、
配達パートナーからの手数料で利益を出しています。


お客様が支払う配達料は分かりやすい利益ですね。
お店からの売り上げというのは、お客様が注文された売上から手数料を得ています。
基本は、売上の30%から35%がUber Eats(ウーバーイーツ)運営会社側への手数料です。
そして配達パートナーからというのは、配達によって得た売り上げの10%を手数料としてUber Eats(ウーバーイーツ)運営会社へ支払います。

今では、当たり前のように皆が利用するフードデリバリー、その仕組みにおける問題点はないのでしょうか?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みの問題点はここ!

人がいないと注文が受けれない・配達できない。


レストランとお客さまと配達パートナーを結ぶマッチングの仕組みですので、
配達できるパートナーが見つからないと、料理をデリバリーできない。
このことがその仕組みでの問題点となります。
特に天候が悪い日や、皆が注文するピークタイムなどの忙しい時、
アプリで注文できない場合があります。

などは、その確率が多くなります。

https://twitter.com/DEMONS_FACTORY2/status/1459895990782394368?s=20


レストランでのメニューと全く同じではないことがある


レストランで食事をし気に入ったからUber Eats(ウーバーイーツ)でもと思ったが、Uber Eats(ウーバーイーツ)用のメニューであったり、価格が店舗と異なる場であったりすることがあります。
これは、Uber Eats(ウーバーイーツ)側へ手数料が発生するために、専用メニューを用意しているところが多くなります。


お店が忙しいとオーダーが遅れることもある


現地にいれば混んでいるかどうかはすぐわかるのですが、アプリでしたら、お店の状況がわからないですよね。
そんな時は、届くまでに思っていた以上に時間がかかってします場合があります。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の仕組みは利用者皆がハッピーになる仕組み。

問題点も確かにある仕組みですが、
アプリを使って、必要とされている人同士を結びつけるサービスの仕組み、


人と人が繋がり、オーダーをする人、オーダーを受けるレストラン・オーダーをデリバリーする配達パートナーが皆ハッピーになれる仕組みがUber Eats(ウーバーイーツ)なのです。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる