MENU
登録でキャッシュバック

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達に使える乗り物はなに?

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーが使用できる乗り物ですが、実は決まりがあります。

  • 自転車
  • 原付バイク(125cc以下)
  • 事業用ナンバーを取得しているバイク(125cc以上)
  • 事業用ナンバーを取得している軽貨物車両

と定められており、上記以外の車両を使った配達は禁止されています。

配達車両を登録しないと配達ができない決まりもあるので、配達車両の登録方法も含めてそれぞれ解説していきます。

配達パートナーに登録しようか悩んでいる方、配達車両に悩んでいる方はぜひ参考にしてください!

※Uber Eats では配達員ではなく配達パートナーと呼びます。また、配達パートナーは個人事業主として業務を受託しており、Uberとの雇用関係はありません。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

目次

自転車での配達について

メリット

  • 車両価格、維持費が一番安い
  • 故障しても比較的修理期間が短い
  • 交通量が多い都心部では、バイク等よりも配達しやすい
  • 人が多く混雑していても配達しやすい

配達するうえで一番お手軽な乗り物で、配達パートナーを始めやすいのではないでしょうか。

ママチャリや電動自転車、ロードバイクなど自転車であればOKです。

故障した場合は修理代がかかりますが、他の車両よりも安く、ガソリンなどの燃料代がかからないのもメリットですね。

取り扱いやすく小回りも効くため、人が混雑しているところや、交通量が多く渋滞が起きやすい都心部などでは、他の車両より配達しやすいです。

デメリット

  • 体力を使うため疲れやすい
  • 天候、風の影響を受けやすい

人力ですのでやはり疲れるのがデメリットですが、電動自転車を使うことでカバーすることが出来ます。

配達時に坂道が多い、長距離の配達が多い場合は電動自転車も視野に入れるといいですね。

バイクでも雨などの天候の影響は受けますが、風の影響は自転車が一番受けてしまいます。

風の強い日は、いつも以上に注意しながら配達をする必要があります。

原付バイク(125cc以下)での配達について

メリット

  • 疲れづらい
  • 長距離の配達がしやすい
  • 50cc以下であれば自動車の免許があれば乗れる
  • 50cc以下の原付バイクは免許がなくてもすぐに取得することができる
  • バイクにしか出来ない配達がある

疲れづらいうえに、長距離の配達もすることが出来ます

50cc以下の原付バイクは、自動車免許を持っていれば乗ることが出来ます。

また、免許がなくても50cc以下であれば免許の取得に時間がかかりません。

時間は最短半日で、費用も1万円以内で取得することが出来ます。

50cc以下であれば配達パートナーをやろうと思ってから取得するのも現実的ですね。

自転車の配達パートナーには紹介されず、バイクの配達パートナーにしか紹介されない配達案件があります。

主に長距離の配達案件ですね.

それに加えて自転車の配達パートナーが担う短距離の配達案件ももちろん出来るので、稼げる可能性が上がります。

デメリット

  • 渋滞時には配達に時間がかかる
  • 道を間違えると修正するのに時間がかかる
  • 自動車専用道路、二輪車通行禁止区域など通行できない場所がある
  • 保険料、メンテナンス代、ガソリン代がかかる
  • 51cc以上125cc以下の原付バイクは自動車免許では乗れない
  • 天候の影響を受ける

小回りがきかないので、道を少し間違えてしまうと戻るのに時間がかかってしまいます。

そもそも自動車専用道路や二輪通行禁止区域もあり、通ることの出来ない道もあります。

原付バイクは自賠責の保険への加入が必要なので、保険料がかかります。

それとは別にメンテナンス代や、日々のガソリン代もかかってきますね。

また、原付バイクには「50cc以下の原付バイク」と「51cc以上125cc以下の原付バイク」があり、それぞれ免許が違います。

「51cc以下125cc以上の原付バイク」は自動車免許だけでは乗れず、小型限定二輪免許や普通二輪免許が必要となりますが

50cc以下原付バイクにある30km/hまでの速度制限が無くなるなどのメリットはあります。

事業用のバイク(126cc以上)での配達について

メリット

  • 疲れづらい
  • 移動が速いため、長距離の配達に向いている
  • バイクにしか出来ない配達がある

原付バイクとほとんどメリットは同じです

原付バイクより速度が出る分、回転率も良く、より長距離向きですね。

デメリット

  • 保険料、メンテナンス代、燃料代がかかる
  • 二輪通行禁止区域を通れない
  • 事業用ナンバーの取得が必要

デメリットもあまり原付バイクと変わりません。

違う点は126cc以上のバイクになると、事業用ナンバーの取得申請が必要になるくらいでしょうか。

たまに町で見かける「緑色ナンバープレート」が事業用ナンバーです。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは運送事業に該当するため、事業用ナンバーの取得が法律で義務付けられています。

申請から取得まではその日のうちに終わるようなので、そこまで大変ではないようです。

事業用の軽貨物車両の配達について

メリット

  • 疲れづらい
  • 移動が速いため、長距離の配達に向いている
  • 天候の影響を一番受けない

疲れない点、移動が速く長距離向きなのはバイクと同じですね。

一番のメリットは天候の影響を受けない点です。

雨や雪、暑さや寒さ全てにおいて強いので、季節関係なく長時間の稼働にもってこいです。

デメリット

  • 配送時の停車スペース確保
  • バイクよりもガソリン代がかかる
  • 保険料が自家用車よりも高くなる
  • 事業用ナンバーの取得が必要

車となると配達時の停車スペースの確保が中々大変になってきます。

お店での受け取りと自宅へ配達時のどちらでも困ることがあるようです。

バイクよりも燃費が悪くなってくるので、ガソリン代がバイクよりかかってきます。

ガソリン代がかかると、その分利益が落ちることになるのでデメリットですね。

そしてUber Eats(ウーバーイーツ)では事業用軽貨物車でのみ配達可能となっています。

Uber Eats(ウーバーイーツ)の配達パートナーは運送事業に該当するため、事業用ナンバーの取得が法律で義務付けられています 。

そのためこちらも事業用ナンバーの取得が必要になってきます。

こちらは「黒色のナンバープレート」ですね。

そして注意しなくてはいけないのが、「軽自動車」ではなく「軽貨物車」でないと取得対象になりません。

「軽貨物車」というのは「車検証上の用途が貨物」となっている軽自動車で、国の規則で一定以上の積載量も定められています。

運送会社が使っているワゴン車などですね。車種でいうとホンダの「N-VAN」などです。

バイクと同じく申請して取得するまでは、その日のうちに終わるようです。

保険会社によりますが、事業用の軽貨物車は自家用車と比べて、交通事故に遭う確率が高くなるため、任意保険の保険料が3~4割程度上がるそうです。

独特なメリットはありますが、デメリットが多いので、配達車両を軽貨物車にする配達パートナーは少ないようです。

配達車両の登録方法

新規の登録

配達パートナーの登録が済んでいない方は、まず公式サイトから配達パートナーの登録を済ませましょう。

配達パートナー登録の際に、車両の登録も一緒に行うこととなりますので指示に従って登録していく形になります。

それぞれ必要書類を用意しないといけないので用意しておきましょう。

   自転車

  • 身分証明書
  • プロフィール写真

原付バイク(125cc以下)

  • 運転免許証
  • 自賠責保険証書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真

事業登録された軽貨物車、バイク(126cc以上)

  • 運転免許証
  • 車検証または軽自動車届出済証
  • 自賠責保険証
  • 任意保険または自動車共済証書
  • ナンバープレートの写真
  • プロフィール写真

登録していた車両を変更

公式サイトまたはアプリにて車両登録の変更申請を行う必要があります。

  1. マイページより配達モードを変更し、送信する。
  2. ドライバーアプリへ公式から返信が来る(メニュー → ヘルプ → メッセージを見る)
  3. 指示に従い、必要書類をアップロード

以上で登録した車両の変更申請は完了です。

変更する際の注意として

  • 書類が認証されるまで2~3日かかる
  • 認証されるまでは配達することが出来ない
  • 車両を変更するとインセンティブが新しいものに切り替わる

などの注意点があるので、気をつけてくださいね。

Uber Eats(ウーバーイーツ)公式でレンタル

Uber Eats(ウーバーイーツ)の公式サイトでは、配達パートナー向けに他企業の車両レンタルを紹介しています。

サブスク形式のレンタルとなっており、自転車とバイクをレンタルできます。

それぞれ自転車は月4,000円ほどから、バイクは月16,000円ほどからレンタルできます。

配達パートナーになりたいけど車両で困っている方はぜひ参考にしてみてください!

公式サイトのレンタル紹介はこちら→https://ubr.to/3vb5axm

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる