MENU
登録でキャッシュバック

今更聞けないUber Eats (ウーバーイーツ)サービス料について詳しく解説!

皆さんは「Uber Eats 」というアプリをご存じでしょうか?
フードデリバリーサービスの配達パートナーの方々を街中で見かけることが、多くなってきているのではないでしょうか?

様々なフードデリバリーサービスがある中、今回は「Uber Eats 」について書いてみました。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)初回限定クーポン】
~最低注文額なし、3,000円OFFのクーポンを手に入れよう!~


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ウーバーイーツマーク.png



初回注文時に3,000円OFFクーポンを獲得できます。

有効期限は2021年11月30日です。

獲得するには下記ボタンからUber Eats(ウーバーイーツ)に登録し、
クーポンコード【JPEATS3000】を入力するだけでOK!


\Uber Eatsの注文アプリはこちらから/

※こちらのボタンを経由していない場合は、クーポンコードが適用されません。

目次

Uber Eats (ウーバーイーツ)とはどんなサービス?

Uber Eats (ウーバーイーツ)と書かれたバッグを背負った配達パートナーを街で見かけることがあるのではないでしょうか。
Uber Eats (ウーバーイーツ)は様々な飲食店の フードデリバリーサービスを受けることができます。

気になるお店のメニューを注文でき、商品のフードデリバリーサービスを受けることができます。

携帯電話でのアプリ機能を使うことにより、いつでもどこでもフードデリバリーサービスを利用することが出来ます。
Uber Eats は、Uber という名称で、もともとタクシーなどの配車サービスを行っている企業です。
Uberの経験をもとに、Uber Eatsはアプリを通して注文された商品を、配達パートナーが指定した場所まで届けてくれるフードデリバリーサービスをしています。

フードデリバリーサービス可能エリアに関しては、配達エリアというエリアが設けられております。
そのエリア内であれば、どこでも配達可能となっております。
デリバリーされた製品は注文金額にサービス料が加わった金額を支払い完了となります。
自宅への配達はもちろん、外出時には指定場所へのフードデリバリーサービスも可能です。
なので時期によっては、花見の場所や公園等にもデリバリー可能となっております。
素晴らしいサービスだと感じませんか。

家族での外出時や友人等とのイベント事で、Uber Eats が活躍してくれます。

Uber Eats を通して、様々なお店の商品を注文する事が出来てしまうんです。
しかも配達エリア内であれば、自宅でなくてもいいという事ですから、利用場面は多そうです。
支払いをクレジットカード等で支払いを済ませれば、玄関先に置いておいて頂くことも可能となっております。
外出先から帰宅した際に選んだ商品が玄関先で待っててくれる、なんてことも可能なんです。

注文できる店舗情報について

Uber Eats で注文可能な店舗数は、10万店を超えております。2016年9月に東京で150店のレストランパートナーとスタートし、5周年を迎えております。35都市以上でサービスを展開しており、年内に全国47都道府県への進出を計画しております。

代表的な店舗としては「マクドナルド」「ケンタッキーフライドチキン」「スシロー」といった全国展開のレストランから、「地域で人気のレストラン」や「専門店」、「ローソン」や「マックスバリュー」「成城石井」といったコンビニやスーパーマーケットなど、そして「フランフラン」や「エディオン」といった生活用品に至るまで非常に多岐にわたるジャンルのご注文を可能としております。

Uber Newsroomより

https://www.uber.com/ja-JP/newsroom/uber-eats-100k/

実際にUber Eats のアプリを使ってみると、10万店超の凄さがわかります。

多種多様な注文可能店舗数は、非常に魅力的で様々な場面での注文に役立ってくれると感じます。

私がUber Eats を利用させていただく際に、意外と注文しているのが「ローソン」です。
朝食の準備が出来ないときなど、さくっと注文しておいて、他のことをやりながら待っていたします。
他にも、「マックスバリュー」や「成城石井」といったスーパーマーケットも比較的多く利用しております。
もちろん飲食店でのフードデリバリーサービスも利用いたします。

飲食店以外でのフードデリバリーサービスが意外と暮らしの中でうまくマッチしているように感じます。

Uber Eats を利用していくのにもう一歩踏み込んで見てみましょう。

Uber Eats 手数料について

Uber Eats を利用したことのある方はの中には、注文金額がいつもより少し高いなと感じたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Uber Eats には手数料という制度が存在しております。

実際に注文した際の明細に記載のあるサービス料って何のこと?

Uber Eats の手数料についてみていきましょう!!
Uber Eats を利用して注文する際の手数料は3種類あります。

  • 配送手数料
  • サービス料
  • 少額注文における手数料

配送手数料について

利用するお店ごとによって配送手数料は違ってきます。

お店を選択する段階で配送手数料は表示されます。
お届け先や配達可能な配達パートナーの数などによって算出されています。

サービス料について

Uber Eats の配達パートナーを利用しての注文に関しては、全てサービス料が適応されます。

まれにありますが、お店の配達員でのフードデリバリーサービスの場合はサービス料は適応されません。

注文した製品の小計に対して10%がサービス料として計上されます。

1,000円 x 10% = 100円
1,000円分の注文を行った際には100円のサービス料になります。

少額注文における手数料

注文した製品の金額合計が、700円未満の場合にかかってくる手数料になります。
一律150円の請求になっております。

この手数料は、700円超えた注文の場合には、かかりません。

注文金額によっては1品追加で注文した方が、安い場合もあるという事を頭に入れておいた方が良さそうです。

先ほど申し上げた、注文した際の明細に記載のあるサービス料については、2つ目「 サービス料 」が該当しております。

他社との比較

サービス料について、Uber Eats 以外の他のフードデリバリーサービスを行っている業者と比較してみたいと思います。

Uber Eats 、出前館の比較

出前館というフードデリバリーサービスはご存じでしょうか。
テレビコマーシャルで見かけることがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

2社の比較は以下のようになります。
サービス料につきましては、Uber Eats に関しては上記で記載したとおりとなります。

出前館はサービス料は御座いません。

この点に関しましては、出前館の方がお得なイメージになります。

配達料につきましては、どちらも店舗によってまちまちなので何とも言い難い状況です。

少額注文手数料につきましては、Uber Eatsは700円以下の注文に対して150円でした。出前館は少額注文手数料がかかりません。
その代わりに店ごとに最低注文金額が設けられています。
この点に関してはUber Eats 、出前館ともに良し悪しがあります。

Uber Eats 、フードパンダの比較

続きまして、フードパンダとの比較です。
フードパンダは、ピンクのバックを背負った配達パートナーがデリバリーをしている会社です。非常に目立つピンク色のバックです。

フードパンダにつきましても出前館と同様サービス料は御座いません。

配達料に関しては、Uber Eats等と同様に店舗によって異なります。

フードパンダに関して、少額注文手数料という名前の手数料は御座いませんが、UberEats 等と異なり、最低注文金額という設定がされています。

1000円未満の場合に、1000円との差額が手数料として掛かってきます。

700円の注文に対して、1000円-700円=300円
この300円が手数料となります。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)初回限定クーポン】
~最低注文額なし、3,000円OFFのクーポンを手に入れよう!~


画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ウーバーイーツマーク.png



初回注文時に3,000円OFFクーポンを獲得できます。

有効期限は2021年11月30日です。

獲得するには下記ボタンからUber Eats(ウーバーイーツ)に登録し、
クーポンコード【JPEATS3000】を入力するだけでOK!


\Uber Eatsの注文アプリはこちらから/

※こちらのボタンを経由していない場合は、クーポンコードが適用されません。

まとめ

今回、Uber Eats とはどんなサービスの業態か、サービス料(手数料)についてまとめてみました。
コロナの状況が続く中、テイクアウトやデリバリーサービスを利用して食事を楽しむ機会が増えているのではないでしょうか。Uber Eats を利用して、普段行ってないお店に出会うことも1つの楽しみになるかもしれません。
外食産業側もこういったサービス等に着目して、益々発展していくことでしょう。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる