MENU
登録でキャッシュバック

Uber Eats(ウーバーイーツ)の時給はどのくらい?エリア・車両ごとの最新データ有り

Uber Eats 時給

「Uber Eats(ウーバーイーツ)は時給換算するとどのくらいもらえるの?」

「配達エリアや配達車両によって時給は変化するの?」

「時給を上げるためのコツが知りたいな」

こういった方へ向けて書いています。

配達する人の経験や配達エリア、配達車両などによって、Uber Eats の時給は大きく変化します。

この記事では、実際にUber Eats で稼働している人たちの声をもとに「どのくらい時給に差が出るのか」と「時給を上げるためのコツ」を解説していきます。

【Uber Eats(ウーバーイーツ)配達員登録】
~最大18,000円のキャッシュバック+限定特典を獲得しよう~


https://www.uber.com/jp/ja/s/c/deliver/


当サイトの招待コードを利用して
Uber Eats(ウーバーイーツ)配達パートナー登録をすると、

①最大18,000円キャッシュバック
②当サイト限定特典


この2点をプレゼントいたします!!


まずはこのボタンから、当サイトの招待コードを受け取りましょう!




\当サイト招待コードの獲得はこちらから/

※当サイトの招待コードを使用していない場合は特典を獲得できません。

招待コード招待コード申請フォームから入手
キャッシュバック額招待報酬の6割(時期・エリアにより変わります)
対象となるエリア全国の配達可能エリア
条件①当サイトの招待コードを利用して
配達パートナーに登録
条件➁招待コード入力日より
30日以内に
規定回数(1~5回)の配達

※Uber Eats では、Web上にての招待コードの一般公開は禁止されています。
お手数をおかけしますが、申請フォームをお使いください。

2022/4/21より一人当たり紹介できる人数が50人になりました。
当サイトは複数人で運営しており、50名を超えるごとに募集を一旦休止します。
最新の情報は、Lineもしくは、登録フォームよりご確認ください。

Uber Eats キャッシュバックについての詳細は↓↓↓

目次

Uber Eats(ウーバーイーツ)は時給換算するとこのくらいの差が出る(東京都)

※報酬は、時間、地域、プロモーションによって異なります。

Uber Eats の時給は、配達する人によって大きく差が出てきます。いかに配達をこなし、インセンティブをうまく活用するかが勝負の分かれ目というわけです。

ここでは、東京都で配達をおこなっている人たちの時給を比較していきます。

https://twitter.com/Deneb_Antares/status/1488497489057837056

こちらの方は、2022年2月1日の報酬が、時給換算で2000円ほどだったそうです。

ここまでいくと、バイトするより確実にお得ですね。

この方の2022年1月16日の報酬は時給換算で2,500円くらいです。

稼働時間は少ないのですが、かなり効率の良い働き方をされていますね。

この方のように、Uber Eats の報酬を考察する際には、週の平均時給を計算するのが良いです。

地域や季節、稼働する時間帯によって報酬も変わってきますので、稼働しながら自分なりのデータを蓄積していくことが、収入アップにもつながります。

また、この方は過去に時給換算3,610円という、かなりの記録も残されております。

報酬が時給換算3,500円越えるというのは、なかなか出せる記録ではございません。

この方は、都内在住、副業のみ、主に土日祝日だけ自転車で稼働されているそうです。日々研究されておられるとのこと。

Uber Eats は日々研究を重ね、自分なりの配達パターンを導き出すことで、時間あたりの報酬が大幅にアップする可能性があるということです。

他のアルバイト等の働き方では、頑張ってもあまり時給は上がりませんから、Uber Eats には夢があるといえるでしょう。

配達エリアによって時給に違いは出るのか?(東京都以外)

結論をいうと配達エリアによって違いが出ます。

主に都会か都会から離れているかによって時給に違いがでるので参考にしてください。

配達エリアによって時給にどのくらいの違いがあるのかをツイートをもとに解説していきます。

https://twitter.com/doordash_dasher/status/1442150031935504388

仙台市のUber Eats 配達パートナーの方です。

1週間に36時間46分の配達で、報酬が74,862円となっております。

2021年9月20日から27日の間のこの方の報酬は、時給換算で約2,000円となっております。

東京でなくとも、都市部近くで稼働することで、報酬アップが期待できそうです。

https://twitter.com/maechan59718131/status/1368890640327663623

この方は、広島で配達パートナーをされているようです。

2021年3月8日の配達報酬は、時給換算で755円だったそうです。

「この日は鳴りが悪かった」と書いてあったので、通常時は時給換算でも1000円くらいはありそうですね。

https://twitter.com/taka1203ubereat/status/1487776423540518915

この方は福岡で配達パートナーをされているようです。

2022年1月24日~1月30日の1週間で約47時間の稼働で、82,500円ほどの報酬を得られています。時給換算で大体1,300円になります。長時間稼働されていても、時給1000円以上をキープできるとなると、行き帰りの時間や休憩時は収入が発生しないアルバイトよりはかなり割が良い働き方かと思われます。

地方都市でも、うまく立ち回ることが出来れば、Uber Eats の配達でそれなりの報酬が期待できそうです。

ただ、配達エリアがあまりにも都会から離れすぎていると、個人の能力が高くても時給が上がりづらい傾向にはあるようです。

注文が入りづらいということも原因の1つですが、移動時間が長くなるというのも原因にあげられます。

Uber Eats を専業でされる方は配達エリアを考えた方がいいかもしれません。

『Delivery News 』限定 当サイトの紹介コードをご利用いただくと紹介料の

【6割キャッシュバック】いたします!!

詳しくは下記のサイトへ↓↓

配達車両で時給に違いは出るのか?

下記のような意見がありますが、実際のところ配達車両で時給に違いがでるのでしょうか?

結論を言っておくと、ガソリン代などの経費を考えますと、あまり違いはでません。ただ、それ以外の点で大きく違いがでます。

慣れてくれば、

自転車(東京)
平日だと時給1000-1200円ぐらい
休日だと時給1300-1500円ぐらい

バイク(東京)
平日で時給1500円ぐらい
休日で1800-2000円ぐらい

の感覚で配達されている方が多いようです。

自転車での配達

https://twitter.com/shota_ue/status/1426229130635272200

この方の2021年8月9日~13日の間の配達報酬は56,760円で、時給換算にしますと、なんと3,500円を超えていますね。

自転車だからといって、時期や配達効率によっては、バイクより報酬が多くなるということもあるようです。

原付またはバイクでの配達

2022年2月3日、時給換算で3,180円の報酬をバイクで獲得された方の記録です。

この方は報酬を随時公開されていて、そのtweetを見てみますと、安定して時給換算2,500円以上の報酬を獲得されています。

自転車より体力もいらず、長時間稼働も可能なので、総収入は自転車よりも高くなりそうです。

体力が持つという点でバイクにメリットがあるようです。

自転車とバイクどっちを選べばいい?

自転車とバイクの時給を比較しましたが、どっちを選べば良いのでしょうか?

結論をいってしまうと、ご自身の体力面から選択するのが良いです。

理由としては、以下の3つがあげられます。

・配達車両によって時給に大きな差はでないこと
・バイクは、初期投資が必要だが、体力消費が少ないこと
・自転車は、初期投資は少なくて良いが、体力消費が多いこと

本業がデスクワークの多い仕事であれば自転車で配達すると、初期投資が少なくて済み、運動不足の解消にもなるというメリットが得られます。しかし、本業が身体をメインで使う仕事であったり、Uber Eats を専業でやる方にとっては自転車はデメリットの方が大きいです。

よって、ご自身の体力面と相談し、配達車両を決定することをオススメします。

他のバイトの時給を超えるためのコツ5選

Uber Eats で他のバイトの時給を超えるためにはどうすればよいのでしょうか?

コツを5つまとめたので、解説していきます。

レストランが密集している場所を選ぶ

もし、近くにレストランが密集している場所があるのなら、そこで配達をおこないましょう。

Uber Eats の時給は保証されていないため、1時間当たりにどれだけ配達回数を稼げるかが時給に大きく影響します。

具体例をあげると、レストランが500mごとにあるAエリアと、50mごとにあるBエリアでは、Bエリアの方が多く配達できるというイメージが湧くと思います。

配達件数が多くなれば、インセンティブ報酬ももらいやすくなり、時給も大幅にアップするというわけです。

雨の日と土日を有効活用する

雨の日と土日に配達をすると時給を大幅にアップさせることができます。

なぜなら、雨の日や土日は注文に対して、稼働している配達パートナーの人数が少なくなり、「ブースト」や「クエスト」と呼ばれるインセンティブ報酬が発生しやすいからです。

先ほども解説しましたが、このインセンティブ報酬をうまく活用することが時給アップにつながります。

雨の日や土日は忙しくなりがちですが、稼ぎ時と思って頑張ってください。

ただ、くれぐれも事故には注意しましょう。

防水スマホホルダーを使用する

防水スマホホルダーを使用すると配達時のムダな時間を減らすことができ、結果として時給アップにつながります。

レストランに商品を取りに行く時や注文者に商品を配達する時には、マップで場所を確認したり、連絡を取り合ったりすることが必要です。

その際に、いちいちバッグからスマホを取り出して使用するのは効率的とはいえません。

長時間の配達をおこなう方は、モバイルバッテリーを収納できるスマホホルダーを購入することをオススメします。

こちらの記事にバックだけでなく、配達時の便利アイテムも掲載しています。

Uber Eats 配達バックの購入方法・便利グッズはこちら

便利アイテムを駆使して、効率よく配達していきましょう!

できるだけオンラインにする

できるだけオンラインにし続けることも時給アップには大切なことです。

なぜなら、アプリのシステム上、1度オフラインにして再度オンラインにすると次の依頼まで時間が掛かってしまうからです。そのため、できるだけオンラインの状態のまま、食事やトイレを済ませるということも必要になります。

こういった小さな積み重ねが時給アップにはかかせないということです。

現金払いに対応する

Uber Eats の配達パートナーは、現金払いに対応するかしないかを選択することができます。

時給アップをしたいなら現金払いに対応しましょう。

なぜなら、注文者のなかにはクレジットカードを所持していない方や現金で支払いたい方も多くいるからです。

現金払いに対応するためには、おつりと専用のポーチが必要ですが、十分に用意する価値はあると思います。

その他フードデリバリーサービス キャッシュバックのご案内はこちら

Uber Eats(ウーバーイーツ)での配達が軌道に乗り始めたら、他社のフードデリバリーサービスに登録し、さらに配達件数を増やしましょう!!

まとめ

Uber Eats の時給に違いがでる主な原因には以下のことが考えられる。
・個人の配達能力
・配達エリアの選択配達車両の選択により、時給に差がでることは少ない。
そのため、体力面を考えてどちらが良いかを選択することが重要。

まずは、これらのことを意識して配達すると時給アップにつながると思います。

それと並行して、バイトの時給を超えるためのコツ5選を実行するとより良いです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる